芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイデジタルや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

北村匠海コロナ感染で蘇る…永野芽郁との1カ月前の“親密報道“

公開日: 更新日:

 ロックバンド「DISH//」のリーダーで俳優の北村匠海(23)が、新型コロナウイルスに感染していることが明らかになった。8月16日、同バンドのサイトで発表された。

 北村といえば、現在公開中の主演映画『東京リベンジャーズ』が興収成績35億円を突破。その最中のタイミングでの新型コロナウイルス感染の発表に多くのファンは言葉を失っている。

 実は北村の“異変”について、7月中旬からドラマ関係者の周辺で囁かれていた。準主演を務める連続ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)の第4話オンエア分(7月12日)から急に彼の出演シーンが減ったためだ。このドラマは夜間救急専門医という職種にスポットを当て、若いナイト・ドクターたちの青春群像劇を描いている。

 共演は波瑠(30)、田中圭(37)らで、この夜間救急専門医チームのムード・メーカー的な存在を『King & Prince岸優太(25)と北村が演じていた。ところが、前述のように第4話以降、突然、北村がほとんどドラマに登場しなくなり、第5話(7月19日)のオンエア後、ついに北村のファンたちが〈匠海クン、どうしちゃったんだろう〉〈スケジュールの調整がつかないのかなぁ〉などとSNSでザワつき始めた。

 実際、同ドラマの映像をチェックすると、第4話では寮の屋上シーンでかろうじてその姿を確認出来る程度だし、第5話では同じく寮の食事のシーンに少しだけ顔が映り込んだだけ。8月9日にオンエアされた第6話では、過労で倒れた同僚役の『キンプリ』岸に向かって「おい深澤! 何があったんだよ!」の台詞のみ。たったワンシーンの登場だった。

 現場スタッフには箝口令が敷かれていたようで、北村の出演シーンの大幅カットの詳細な理由をつかめずにいたが、その答えが今回の新型コロナ感染だったわけである。

「週刊文春」は「永野芽郁は匠海君のことが好きなんじゃ?」という撮影現場の声を紹介

 筆者が北村の新型コロナ感染の報道を耳にして思い出したのが、7月23日に、同じく新型コロナウイルスの感染が発表された永野芽郁(21)の存在だ。永野の感染は、主演を務める連続ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系)の放送に大きな影響を及ぼした。

 筆者は永野の感染が発表された直後から彼女に近い人物の感染が公になることを想定し、周辺取材を進めていた。今回の北村の新型コロナ感染は永野の感染発表から24日経った8月16日だ。新型コロナウイルス感染症の潜伏期間は、最長14日と言われている。今のところ、2人を結びつける具体的なものは何もないが、永野がコロナ感染を発表する1週間前の7月15日、『週刊文春』によって北村との"微妙な関係"をほのめかす記事を掲載された。

 同誌によれば、NHK朝ドラ『半分、青い。』収録終わりから、精神的に極度のスランプ状態に陥っていた永野の心の支えになったのが、朝ドラ終了後に映画で共演した北村だったという。

 さらに文春は、この映画のスタッフの証言として「(永野は)匠海くんのことが好きなんじゃないかと現場で評判になっていた」とも報じた。

 2人の新型コロナ感染の発表が同日ではないとはいえ、北村の「ナイト・ドクター」出演シーンの激減と永野の陽性反応の発表時期……2人が感染したタイミングにもこれからは注目が集まりそうだ。いずれにせよ、北村の復帰と無事をファンは願ってやまないはずだ。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

  2. 2
    「ドクターX」に迫る終焉危機 “DNAの違う脚本家”参入で苦境ぶりが浮彫りに

    「ドクターX」に迫る終焉危機 “DNAの違う脚本家”参入で苦境ぶりが浮彫りに

  3. 3
    冨田宏治氏が喝破「大阪で維新を支持しているのは貧困層を憎悪する中堅サラリーマン層」

    冨田宏治氏が喝破「大阪で維新を支持しているのは貧困層を憎悪する中堅サラリーマン層」

  4. 4
    タレントYUKINARIさんが振り返る 2008年「DA PUMP」脱退後の紆余曲折

    タレントYUKINARIさんが振り返る 2008年「DA PUMP」脱退後の紆余曲折

  5. 5
    橋下徹氏が岸田政権の「オミクロン株」水際対策を猛批判!「国家の体をなしていない」

    橋下徹氏が岸田政権の「オミクロン株」水際対策を猛批判!「国家の体をなしていない」

もっと見る

  1. 6
    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

  2. 7
    ミサワホーム合併事件でトヨタの奥田碩をグサリと刺した三澤千代治

    ミサワホーム合併事件でトヨタの奥田碩をグサリと刺した三澤千代治

  3. 8
    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

  4. 9
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  5. 10
    巨人恒例の“迷走オフ”いよいよスタート…左打ち外野手ズラリなのに日ハム西川は本当に必要か

    巨人恒例の“迷走オフ”いよいよスタート…左打ち外野手ズラリなのに日ハム西川は本当に必要か