同志社女子大もミスコン中止…“逆風”強まるも女子アナ採用戦線は異状なし?

公開日: 更新日:

 京都の同志社女子大学が今年度の大学祭で〈ミスコンを中止に〉と先週報じられ、ネット上がざわついた。

〈ミスコンは外見主義的であり時代錯誤であるという意見があり、多様性という観点〉から実行委員会が開催の中止を決めたというが、ネット上には〈知力を競う、体力を競うのと同様、美を競うことに何の問題もないように思う〉といった意見もあった。

 ある在京キー局の中堅社員は「かつては“女子アナの登竜門”といわれたミスコンですが、これも時代の流れでしょう」と、こう本音を漏らす。

「10年前にICU(国際基督教大学)でミスコンを開こうとして、やはり多様性などを理由に阻止されたあたりから、大学のミスコンに対する逆風は強まる一方です。多くの大学で中止や、審査基準の変更を余儀なくされていますが、万人に愛される見た目、キャラ、そしてある程度の学力……ミスキャンパスは女子アナに必要な条件を持っているかを推し量る“便利な物差し”だったことは確かなんですよね」

 古くは「ミス立教」からNHKアナになった女優の野際陽子さん(2017年死去)をはじめ、「準ミス青学」の田中みな実(34=写真)ら例を挙げればキリがないが、ミスコン縮小の流れがさらに加速すれば、女子アナ界も変わるのか。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽