城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

中居正広という男の正体 人道支援が拡散され賛辞が止まらず

公開日: 更新日:

 元SMAP中居正広(48)がこの7月に、都内の新型コロナウイルスに対応している病院に「高級焼き肉弁当200食」の差し入れをしたことが話題になった。

 その病院、昭和大学病院(品川区)のホームページに中居に対する感謝の言葉が掲載され、コロナと闘う医療従事者を応援する中居の気持ちが明らかになった。

 実は中居、以前から医療従事者を支援する活動がSNS上で何度も伝えられている。今年2月には国や地方に500万円以上の寄付をした人に贈られる紺綬褒章も受けた。また昨年も東京コロナ医療支援基金(現・全国コロナ医療福祉支援基金)に寄付をしているし、別の複数のコロナ対応病院に焼き肉弁当を配ってもいる。

 中居のチャリティーに対する取り組みは、もう随分前からの話で、東日本大震災の発生直後には当時のSMAPメンバーが総額4億円を超える義援金を送ったとされ、そのうち2億円が中居が出したものといわれた。その他、大災害が起こるたびに支援を続けてきたと聞く。

 お金だけではない。熊本地震では被災地でがれき撤去や炊き出しを行った。しかし、このような支援活動を中居自身が公表したことは一度もない。目撃情報や感謝の言葉がSNSなどで拡散されて初めて我々に知らされることになる。自分から口にすれば、「宣伝」になってしまうとでも考えているのだろうか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ