城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

中居正広という男の正体 人道支援が拡散され賛辞が止まらず

公開日: 更新日:

 元SMAP中居正広(48)がこの7月に、都内の新型コロナウイルスに対応している病院に「高級焼き肉弁当200食」の差し入れをしたことが話題になった。

 その病院、昭和大学病院(品川区)のホームページに中居に対する感謝の言葉が掲載され、コロナと闘う医療従事者を応援する中居の気持ちが明らかになった。

 実は中居、以前から医療従事者を支援する活動がSNS上で何度も伝えられている。今年2月には国や地方に500万円以上の寄付をした人に贈られる紺綬褒章も受けた。また昨年も東京コロナ医療支援基金(現・全国コロナ医療福祉支援基金)に寄付をしているし、別の複数のコロナ対応病院に焼き肉弁当を配ってもいる。

 中居のチャリティーに対する取り組みは、もう随分前からの話で、東日本大震災の発生直後には当時のSMAPメンバーが総額4億円を超える義援金を送ったとされ、そのうち2億円が中居が出したものといわれた。その他、大災害が起こるたびに支援を続けてきたと聞く。

 お金だけではない。熊本地震では被災地でがれき撤去や炊き出しを行った。しかし、このような支援活動を中居自身が公表したことは一度もない。目撃情報や感謝の言葉がSNSなどで拡散されて初めて我々に知らされることになる。自分から口にすれば、「宣伝」になってしまうとでも考えているのだろうか。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽