入江聖奈には“第二の増田明美”の才! 東京五輪女子メダリストがバラエティーを席巻中

公開日: 更新日:

 東京オリンピック女子メダリストたちの“大会後の活躍”が目覚ましい。

 ワイドショー系情報番組、バラエティー、ニュースとメダル獲得後の報告行脚が続くと彼女たちの飾らぬキャラが話題に。日本女子ボクシング史上初の金メダリスト・入江聖奈(20)は“カエル好き”というオタクな一面に話題が集中。

【写真】この記事の関連写真を見る(11枚)

 ベルギーに奇跡の逆転劇の後、フランスにも勝利し、銀メダルを獲得した女子バスケットの馬瓜エブリン(26)は、スピード感と圧倒的な攻撃力をバラエティートークでも発揮。トム・ホーバス監督の“鬼怖い”エピソードで笑わせ、SNSだけでなくテレビ制作陣も「下手な芸人よりも面白い」と絶賛しているという。

 スケートボード女子ストリートで金の西矢椛(13)と銅の中山楓奈(16)は、試合中に「(アニメの)ラスカルの話してました」と子供らしいコメントで世間を驚かせ、ツイッターがトレンド入りするなど女性メダリストが競技場の外で新たな花を咲かせている。

「入江選手は真面目に解説もできる」

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「彼女たちに共通するのは大会前はノーマークにもかかわらず大金星の新ヒロインになったこと。気負いがなく、聞けば何でも答えてくれる素直さに好感が持てます。コメントは的を射ているうえに、期待を上回る新鮮味がある。そして何より、屈託のない笑顔は視聴者を引き込むパワーを持っています。中でも入江選手は真面目に解説もできるし、バラエティーでも何でも断らない“第二の増田明美”になるんじゃないかと私は思っています。また“瀬戸大也選手の妻”で活躍が目覚ましい馬淵優佳さんは、夫の不倫など世間が彼女のバックグラウンドを知っているだけに、彼女はその上をいく絶妙なコメントが注目されている。同じく五輪妻枠の柔道の井上康生監督の妻、東原亜希さんも名物ブログの更新が止まっていますが、パラリンピック終盤くらいにようやく活動再開されるのではないかとみています。いずれにしろ、女性ならではの自然体な物言いが好まれているのではないでしょうか」

 地上波テレビを席巻した五輪女子。お笑い芸人やバラエティータレントたちにとって今一番の脅威だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

  2. 2
    「ドクターX」に迫る終焉危機 “DNAの違う脚本家”参入で苦境ぶりが浮彫りに

    「ドクターX」に迫る終焉危機 “DNAの違う脚本家”参入で苦境ぶりが浮彫りに

  3. 3
    冨田宏治氏が喝破「大阪で維新を支持しているのは貧困層を憎悪する中堅サラリーマン層」

    冨田宏治氏が喝破「大阪で維新を支持しているのは貧困層を憎悪する中堅サラリーマン層」

  4. 4
    タレントYUKINARIさんが振り返る 2008年「DA PUMP」脱退後の紆余曲折

    タレントYUKINARIさんが振り返る 2008年「DA PUMP」脱退後の紆余曲折

  5. 5
    橋下徹氏が岸田政権の「オミクロン株」水際対策を猛批判!「国家の体をなしていない」

    橋下徹氏が岸田政権の「オミクロン株」水際対策を猛批判!「国家の体をなしていない」

もっと見る

  1. 6
    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

  2. 7
    ミサワホーム合併事件でトヨタの奥田碩をグサリと刺した三澤千代治

    ミサワホーム合併事件でトヨタの奥田碩をグサリと刺した三澤千代治

  3. 8
    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

  4. 9
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  5. 10
    巨人恒例の“迷走オフ”いよいよスタート…左打ち外野手ズラリなのに日ハム西川は本当に必要か

    巨人恒例の“迷走オフ”いよいよスタート…左打ち外野手ズラリなのに日ハム西川は本当に必要か