城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

朝日放送のドラマ収録でコロナ大量感染 テレビ局が最も恐れていた事態だ

公開日: 更新日:

 大阪のABC朝日放送テレビで、収録中のドラマ出演者9人が新型コロナに感染し、濃厚接触者が17人に及んでいることが発表された。

 これは僕自身としてもかなりショッキングな内容だった。というのも、各テレビ局がコロナに対応する仕事のやり方を学び、あまり心配しなくてもやっていけると考えられてきた矢先だったからだ。これは「慣れ」による緩みが出たということか、あるいはほとんどがデルタ株に置き換わってきている中で、感染力の強さが予想以上だったということか、いずれにせよ各テレビ局は今後の感染対策をより一層強化する必要に迫られそうだ。

 思い出してほしいが、昨年の今ごろは放送中の連続ドラマが新型コロナの影響で収録すらできず、放送を休み、延期せざるを得ない状況だった。その後、ウイルスに対する対応がある程度分かってきて、テレビ局もそれぞれガイドラインを作成し、それにのっとって収録や放送をやってきた。僕らもスタジオ入りの際は、建物に入るところで自動的に検温され、一定以上の熱があると入ることができないし、スタッフは全員マスク着用が当然で、近づく必要がある場合は、マスクの上にフェースガード、手は使い捨てのビニール手袋といった具合に細かい決まりがある。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ