“肉食系”篠原涼子の離婚にチラつく男の影…韓流アイドルとの交際情報も

公開日: 更新日:

 市村正親(72)と篠原涼子(47)の離婚が発表されてから10日あまり。“離婚の真相”を追う報道が続いている。

 市村と篠原は2005年に結婚。現在、中学1年生と小学4年生の2人の男の子がいるが、昨年8月に、女性誌に篠原が家を出て、別のマンションに住んでいると別居が報じられた。しかし、その理由は“胃がんを患った高齢の夫の家庭内コロナ感染を防ぐための一時的なもの”であり、決して不仲ではないと説明されていた。

 離婚を発表した文面には、「作品が続いたことで別居が基本のスタイルとなり、夫婦、親、互いに役者として、新たなカタチを考えるようになりました」(市村)、「なかなか理解しにくいかと思いますが、私たちなりの新しい形・環境を作って参りたいと二人で話し合いました」(篠原)などとされ、お互いへの尊敬の気持ちと共同して子供を育てていくことがつづられており、“円満離婚”が強調されている。篠原は「女優」としての生き方を第一に選び、離婚を選択したというのが表向きの理由だが、決定的な理由がいまひとつハッキリしないため、理由を臆測する声が後を絶たないのだ。

「常に恋はしていたい」

「いろいろ報じられていますが、やはり篠原の交遊関係を原因とする見方は強いです。篠原は結婚後も『常に恋はしていたい』と言ってはばからず、年下のイケメン男性や年上俳優などと飲み歩く様子などがたびたび報じられる“肉食系”でしたから」(スポーツ紙芸能担当記者)

 発売中の「週刊文春」では、篠原と交際情報があった飲食店経営者のA氏(既婚)、さらに韓流アイドル「超新星(現SUPERNOVA)」のグァンス(34)を直撃。A氏は「篠原には他にも何人も男がいて、自分は捨てられた」と知人にもらしたというが、同誌に対しては交際を否定。グァンスも交際を否定しているが、篠原とお揃いといわれるアンクレットを左足首にしていたという。さらに篠原本人や市村、所属事務所を直撃しているのだが、いずれも交際を否定。ただ篠原が住んでいる同じマンションにはグァンスも住んでいると伝えている。

「離婚原因が篠原の不倫にあるのかは分かりませんが、芸能界では、別居報道が出ると十中八九、離婚となります。別居から復縁したという話は聞いたことがない。自分で十分な稼ぎがあるタレントや女優などの場合、お金にも困らないのでなおさらです。その場合、子供のことが離婚のネックになっているケースがほとんど。いずれにせよ、別居が発覚した昨年夏、あるいはそれ以前から、離婚に向けた準備は進んでいたのではないか」(ワイドショー番組デスク)

 晴れて“自由の身”となった篠原が女優業に邁進しつつ、次に向かう先はどこなのか。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 2
    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

  3. 3
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

  4. 4
    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

もっと見る

  1. 6
    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

  2. 7
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 8
    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

  4. 9
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 10
    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき