比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

公開日: 更新日:

 医療、刑事ドラマが好調な中、世帯視聴率で苦戦しているのが恋愛モノ。今期GP帯では「彼女はキレイだった」(カンテレ制作・フジテレビ系=火曜夜9時)、「プロミス・シンデレラ」(TBS系=火曜夜10時)、「推しの王子様」(フジテレビ系=木曜夜10時)が“キュンキュン”を競っているが、世帯視聴率はどれも2ケタには遠い。

「フジの火9枠と木10枠は苦戦続きで、平均6~7%台は珍しくない。ですが“○○キュン”路線でヒット作も多いTBSの火10枠も、今のところ7%台。東京五輪の影響もあるとはいえ、今期のラブコメは数字的には厳しい状況です」(テレビ誌ライター)

 そんな今期のラブコメ3作の中で、「一番気になっているのが『推しの王子様』の動向」と、テレビコラムニストの亀井徳明氏がこう続ける。

「『彼女は――』は韓流ドラマのリメーク、『プロミス――』は漫画原作です。一方、比嘉愛未さん主演の『推し―――』は、当初主演予定で病気降板した“深田恭子さんありき”のオリジナル脚本。設定が女性向け恋愛シミュレーションゲームをヒットさせた女社長がリアルなイケメン男子を育成するという、もう最初からシルバー世代は無視していますから、世帯視聴率は相手にしていない姿勢が強く感じられます。その中で見てほしい世代にどう刺さるのか、代役の比嘉さんはどう受け止められているのか、反響を注視したい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 2
    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

  3. 3
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

  4. 4
    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

もっと見る

  1. 6
    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

  2. 7
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 8
    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

  4. 9
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 10
    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき