大島優子「30歳までには」の念願叶え結婚 生涯の伴侶に林遣都を選んだ慧眼

公開日: 更新日:

 元AKB48で女優の大島優子(32)の結婚発表に芸能界が沸いている。大島が伴侶に選んだ俳優の林遣都(30)とはNHK連続テレビ小説「スカーレット」などで共演し、昨夏から1年間の交際を実らせた。

 かねて「結婚は27歳までにしたい。子供は最低3人、最高5人欲しい」などと結婚願望を口にしてきた大島。「30歳までには、いえ40歳までには!」「20年の東京オリンピックまでには結婚したい!」などと言い続け、念願をかなえてのゴールイン。挙式や披露宴などの発表はまだないが、高橋みなみ(30)、篠田麻里子(35)、板野友美(30)らAKB時代の仲間から続々と祝福コメントがあがり、熱烈ファンのなかにはショックで「優子ロス」に陥っていると報じられた。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏が言う。

「大島さんは何ごとにも積極的で明るく、周囲への気配り、配慮も完璧。AKB時代には秋元康氏から絶大な信頼があったと聞いています。グループを卒業し女優に転身してからもそれは変わらず、努力し鍛錬したのでしょう。抜群の演技力を身に付け、また自分で自分の道をひらいた。そうした生き方をしてきたからこそ広く祝福されるのでしょう」

林遣都は「主役を張れる俳優」

 これまでにウエンツ瑛士らと交際を噂されることもあったが、林との仲は芸能マスコミもノーマークの電撃発表だ。周囲に迷惑をかけないよう、自宅などで極秘裏にデートを重ねてきたのだという。

「大島さんの選んだ林君は誰にも好かれる好青年と評判です。ドラマの長い撮影期間などを通じて、相手の性格や相性も十分に理解しあった上での結婚なのでしょう。長い芸能生活の中で培った大島さんの人を見抜く力は申し分ないでしょうし、ステキなご夫婦になられるのでは」(青山氏)

 大島は子役時代を含めると芸歴は20年以上。浮き沈みの激しい芸能界で培った慧眼が選んだ林の評価は非常に高い。

「2人は2012年公開の映画『闇金ウシジマくん』でも共演していますし、知り合ってからの時間は長いはずです。林はドラマ『おっさんずラブ』の振り切った演技も魅力的ですが、等身大のナイーブな青年役も抜群にうまい。映画でもドラマでも主役を張れる俳優のひとりです」(芸能プロ幹部)

 夫婦共演も楽しみである。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  2. 2
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  3. 3
    ロシア国内で「万引き急増」のナゼ…ウクライナ侵攻後に多発、買い物カゴごと盗む大胆さ

    ロシア国内で「万引き急増」のナゼ…ウクライナ侵攻後に多発、買い物カゴごと盗む大胆さ

  4. 4
    和田アキ子が出産した石原さとみから「電話ない」と発言…関係者が憂慮する“2人の溝”

    和田アキ子が出産した石原さとみから「電話ない」と発言…関係者が憂慮する“2人の溝”

  5. 5
    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

もっと見る

  1. 6
    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

  2. 7
    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

  3. 8
    フジ木曜劇場が攻めに転じた? 土屋太鳳「やんごとなき一族」“いかにも感”で開き直り

    フジ木曜劇場が攻めに転じた? 土屋太鳳「やんごとなき一族」“いかにも感”で開き直り

  4. 9
    広島・遠藤淳志“自業自得”プロ初完封逃す…9回表に打者で遊ゴロ→一塁まで全力疾走

    広島・遠藤淳志“自業自得”プロ初完封逃す…9回表に打者で遊ゴロ→一塁まで全力疾走

  5. 10
    ウクライナ出身女性 射撃の金メダリストが国家警備隊への入隊決意!

    ウクライナ出身女性 射撃の金メダリストが国家警備隊への入隊決意!