サーフィン「銀」五十嵐カノアの“ソックリさん”探しで大盛り上がり!

公開日: 更新日:

 日本選手のメダルラッシュが続く東京五輪。メダリストが注目を集める中、中でもネット上で人気となっていたのが、サーフィン男子で銀メダルに輝いた五十嵐カノア(23=木下グループ)だ。

 台風の影響で海が荒れて難しいコンディションの中、準決勝では高く跳び上がる大技「エアリアル」を決めて9.33点の高得点をマーク。競技翌日のメディアの取材に対し、「一生忘れられないイベントだった。次のパリのオリンピックも早くやりたい」などと笑顔で語る様子が流れると、ネット上には<かっこいい><イケメン!>との書き込みが殺到した。

 浅黒く日焼けした顔に、ややメッシュの入った長めの茶髪。ネットでは早速、「似ている著名人」として、歌手の吉川晃司(53)やプロゴルファーの石川遼(29)、オーストリア・ブンデスリーガ・SKラピード・ウィーン所属のサッカー選手、北川航也(25)、俳優の大沢たかお(53)などが挙がっていたのだが、中でも目を引いたのが週刊誌で不倫を報じられ、衆院議員辞職を余儀なくされた宮崎謙介(40)だろう。

うっかり口にした?

 宮崎といえば、妻で元衆院議員の金子恵美(43)がテレビ番組で五十嵐の決勝進出の感想を求められた際、「実は夫が(サーフィンを)始めた」などと明かしていたが、金子も「似ている」と思って思わず口にしたのか、それとも2人そろって次期衆院選で返り咲くための「話題作り」が狙いだったのか……。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”