東京五輪開会式 中国でのトホホな評判…「ビートたけし逮捕」のフェイクニュースも流れた

公開日: 更新日:

 23日に行われた東京五輪開会式。

 翌24日、ビートたけし(74)は「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系)で番組冒頭から「昨日の開会式、ずいぶん寝ちゃいましたよ、驚きました。金返して欲しいですよね。税金からいくらか出ているだろうから、金返せよ。外国に恥ずかしくて行けないよ」と痛烈に批判。江戸の職人風のタップダンス、漫画の吹き出しを模した各国のプラカード、ゲームのテーマ曲起用など“日本のキーワード全部のせ”演出だったが、放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏も「サンデージャポン」(TBS系)で「165億円っていわれている予算に値するコンテンツと本当に思ってるのか」「非常に手抜きですよ、すべてが」と酷評。

【写真】この記事の関連写真を見る(22枚)

 そんなイタすぎる開会式を隣国・中国も冷ややかに見ているようだ。中国人ジャーナリストの周来友氏は「たけし報道がSNSで拡散し、フェイクニュースまで流れた」とこう続ける。

“オタク推し”にも響かず

「たけしさんのコメント動画はTikTokなどSNSで拡散され、『さすが、世界のキタノ』といった称賛の声が上がりました。その翌日には、東京五輪に否定的な意見を述べたとして“北野武氏警視庁に逮捕”というフェイクニュースまで流れたのです。政府に逆らうと投獄されかねない中国ならではのフェイクニュースですが、裏を返せば、それほどたけしさんの意見が注目されたということです。

 出演者で話題になったのは中国の歌番組にも出演しているMISIA。それよりも日本の放送局が台湾のことを(国際機関での)正式名称の“チャイニーズタイペイ”ではなく“台湾”とアナウンスしたことが、日本はアメリカ寄りで、台湾を独立国と認識していると問題視されています。

 “オタク”受けを狙った演出についても、いくら中国人のオタク人口が多くても、約14億人の国民全体に対してはマイノリティー。アニメや漫画、ゲームといったクールジャパンを知る中国人はほとんどいません」

 トホホ。 

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

  2. 2
    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

  5. 5
    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

  1. 6
    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

  2. 7
    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

  3. 8
    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

  4. 9
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  5. 10
    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害

    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害