「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

公開日: 更新日:

 鳴り物入りでNHKから「報道ステーション」(テレビ朝日系)に抜擢される大越健介キャスター(59)。

 同番組の10月からの布陣も発表された。月~木曜は大越をメインに、同局の小木逸平アナ(47)と入社2年目の渡辺瑠海アナ(24)が担当。金曜は、富川悠太アナ(44)とフリーの徳永有美(45)が担当する。また富川は、月~木にもリポーターとして出演するという。

 しかし、「大越ありき」の今回のリニューアルには、局内から疑問の声が噴出しているという。

■視聴率は取れているのに…

「そもそも『報道ステ』は今のキャスター陣で高視聴率をキープしています。あれだけ世間を騒がせた『WBS』(テレビ東京系)の枠移動でも影響を受けなかった。現在も番組の世帯平均視聴率は12~14%を取っている。有事が起これば15%台に達します」(テレビ朝日関係者)

“NHK流”が通用するか

 局内の異論はこれだけにとどまらない。大越の起用は、制作費逼迫の危機を招くとみられているからだ。

古舘伊知郎がキャスターだったころ、制作費は常に赤字だった。それは古舘のギャラが高かったからです。当時、古舘のギャラは1日300万円以上といわれていましたが、今回、大越はその約4分の1、1日当たり80万円程度とみられています。それでも年間では1億円を優に超える計算となる」(芸能プロ関係者)

 さらに漏れ伝わってくるのは、元NHKで看板を張っていた大越の生真面目ぶりだ。一部では人情味に厚く、権力に屈しないという評価なのだが……。

「NHKはひとつのネタをVTRにするまで徹底して作り込む。民放の10倍の時間と労力をかけて取材して完パケを制作します。つまりNHKのやり方を大越が強く求めた場合、『報ステ』のスタッフが“NHK流”“大越流”に耐えられるのかですね」(番組関係者)

 大越の大抜擢は波乱含みである。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」