鈴木保奈美と石橋貴明は“完璧な離婚” 家族問題評論家・池内ひろ美氏は「ドラマ性を感じる」と

公開日: 更新日:

 タレントの石橋貴明(59)が自身のユーチューブチャンネル「貴ちゃんねるず」で、女優の鈴木保奈美(54)と離婚したことを報告。23年の結婚生活にピリオドを打ったのは今月16日のことだった。

 離婚について「子育てが一段落したことを機に今後は事務所社長(石橋)と所属俳優(鈴木)として新たなパートナーシップを築いていく」と双方ともに円満を強調しているが、鈴木は08年に芸能界に復帰以降、昨年7月には母と妹が個人事務所を設立。同年9月に、約3億円の別宅マンションを個人名義で購入し、積極的に仕事を入れるようになるなど“卒婚”に向けて着々と準備を進めていた。家族問題評論家の池内ひろ美氏はこう言う。

■完璧な離婚

「一番下の三女が高校を卒業ということは、進路も決定し、今後の養育費の予測が立ちます。インターナショナルスクールということは海外留学なども視野に入れているでしょう。子供が中学生だと大学に進学するのかまで確定できませんが、このタイミングなら不足なく支払ってもらえる約束ができます。鈴木さんはあの美貌ゆえ、男性の影を疑われがち。ところが昨年、母と妹が個人事務所を設立し、仕事に子育てに加えて母の面倒も見ながらやっていくという“女性の自立”を前面に出し、新恋人の存在など誰もが疑わないクリーンな状態。女優としてのイメージを損なわないばかりか、むしろドラマ性を感じるほど“完璧な離婚”になりました。石橋さんに関しては、バブル時代を謳歌した男性ならではの“モテ力”で若い女性と、もう一度デキ婚するなど“アラ還の星”になれるのでは」

 気力、体力、財力は十分の2人。再々婚はどっちが先か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「70歳で子供を授かりました!」インド西部に住む夫妻に“コウノトリ”が…

    「70歳で子供を授かりました!」インド西部に住む夫妻に“コウノトリ”が…

  2. 2
    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

  3. 3
    北海道や青森でリバウンドの兆候…夏より大きい「冬のコロナ第6波」はすでに近づいているのか

    北海道や青森でリバウンドの兆候…夏より大きい「冬のコロナ第6波」はすでに近づいているのか

  4. 4
    安倍元首相「立憲・共産なら悪夢の時代に逆戻り」に反発の声 枝野氏地元での演説が“ブーメラン”に

    安倍元首相「立憲・共産なら悪夢の時代に逆戻り」に反発の声 枝野氏地元での演説が“ブーメラン”に

  5. 5
    自民「50議席減」で単独過半数割れか…党が慌てて「情勢緊迫」通達を陣営に送付

    自民「50議席減」で単独過半数割れか…党が慌てて「情勢緊迫」通達を陣営に送付

もっと見る

  1. 6
    16時間絶食を実践中!常連の女の子は半年で40キロ減、グットいい女に

    16時間絶食を実践中!常連の女の子は半年で40キロ減、グットいい女に

  2. 7
    ヤクルト村上宗隆は2冠射程圏・MVP確実! 2年連続“イチロー&ゴジラ超え”の大幅昇給間違いなし

    ヤクルト村上宗隆は2冠射程圏・MVP確実! 2年連続“イチロー&ゴジラ超え”の大幅昇給間違いなし

  3. 8
    「悪をかばう候補者は政治家の資格なし」都内の市民グループが自公候補に“落選運動”を展開

    「悪をかばう候補者は政治家の資格なし」都内の市民グループが自公候補に“落選運動”を展開

  4. 9
    自公vs立憲で一騎打ち激戦「57選挙区」 政権選択の勝負はここで決まる!

    自公vs立憲で一騎打ち激戦「57選挙区」 政権選択の勝負はここで決まる!

  5. 10
    「エディー・バウアー」年内で日本撤退、各店舗の爆安セールが大盛況

    「エディー・バウアー」年内で日本撤退、各店舗の爆安セールが大盛況