篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

公開日: 更新日:

 市村正親(72)と篠原涼子(47)の離婚が明らかになった。2001年上演の舞台共演で親しくなり、05年に結婚。08年に長男、12年に次男が生まれて以降も仲むつまじくデートする姿をキャッチされ、「おしどり夫婦」ともっぱらだった。しかし篠原はそんな家庭から離れ、昨年3月から別居。市村は長男と次男の通う有名私立小・中学校への送迎から保護者会まで、ひとりで育児に励んでいたそうだ。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこう言う。

「ご長男がまだ3つか4つだった頃、市村さんが有栖川公園の砂場で遊ぶ姿を取材したことがあります。『ほら、団子虫がいるぞ。捕まえてごらん』と向け、『何を怖がっているんだ、男の子だろ。ほら、こうやればいいんだよ』と一緒に砂まみれになって、目を細めていました。そこに篠原さんの姿はなし。その後もかなり取材させていただいたのですが、篠原さんがお子さんとそんな時間を過ごす場面は一度も目撃しませんでしたね」

 売れっ子の女優だし、仕事が忙しかったのかも知れないが、16年に俳優の江口洋介と深夜12時すぎに飲食店の個室ソファで杯を重ね、体を触れ合わせる場面をマスコミにキャッチされ、18年には年下男性らと飲食し、深夜帰宅したとも報じられている。もともと飲み会も酒も大好きでノリが良く、「2軒目行こう」と積極的な姉御肌タイプだそうだから、ちょくちょく羽を伸ばしていたのだろうか。

2人の子供の親権は市村正親に

「篠原さんは良く言えばマイペース。何事にも自分のスタイルがあって、それを崩さない。市村さんとの年の差婚も彼女流なら、やがてそれが窮屈になったら、そこに収まらず、出ていってしまうのも彼女流なのかもしれません。市村さんはそんな篠原さんを理解しつつも、家庭を壊したくないその一心で、最後まで離婚に反対したと聞いています」(青山氏)

 市村は離婚について、「作品が続いたことで別居が基本のスタイルとなり、夫婦、親、互いに役者として、新たなカタチを考えるようになりました」とコメントを発表。そして「彼女がより一層女優として輝き、母としても生きていく道を歩ませたいという思いに至りました」と篠原の生き方に理解を示しているが、ワイドショー芸能デスクの分析はこうだ。

「篠原さんと出会った当時、市村さんには元バレエダンサーでミュージカル女優の妻がいました。02年に別居、03年に離婚していますが、篠原さんとの結婚は、篠原さんとの不倫が原因で、略奪婚なんて言われ方もしていた。そういうこともあってか、SNS上では市村さんに同情的な一方で、篠原さんに対しては『人から奪ったなら最後まで添い遂げろよ』との痛烈なコメントも少なくないようです」

 2人の子供の親権は父親である市村に。批判覚悟でゴーイングマイウエーを貫く篠原の“品格”が問われている。 

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された