飯豊まりえ“ブツブツ独り言”「ひねくれ女のボッチ飯」に癒やされる人急増

公開日: 更新日:

 飯テロ好きには待望の新番組がスタートした。吉田類「酒場放浪記」には倉本康子らの「おんな酒場放浪記」があり、玉袋筋太郎「町中華で飲ろうぜ」には高田秋らの女子版がある。

 で、今夏登場したのが、松重豊主演のヒットシリーズ「孤独のグルメ」(テレビ東京系)の女子版、飯豊まりえ主演「ひねくれ女のボッチ飯」(テレ東系)だ。

 飯豊が演じるのは人付き合いが苦手で、友だちもいないひねくれ女の川本つぐみ。バイトするコンビニではクレーマー客に理不尽な目に遭わされ、ストレスがたまる日々。川本はインスタグラムに、アカウント名「ホワイトホース」の投稿を見つけ、料理写真と自分と似ている境遇に魅せられ、「ホワイトホース」を「白馬の王子」と信じ、彼がアップする店に行き、同じメニューを食べることが唯一の楽しみに……というストーリー。もうひとつ、武田梨奈主演「ワカコ酒」も人気シリーズだが、あちらは酒に特化しており、「ボッチ飯」の方がより「孤独のグルメ」に近い。

「孤独のグルメ」で変わらぬ健啖家ぶりを見せてくれた松重豊

 飯豊がブツブツ独り言を言いながら食べるシーンがカワイイと、早くも話題で、「孤独のグルメ」のまさに女子版という印象だ。

「飯豊が『王子』と妄想する『ホワイトホース』の正体が実は柄本時生なのは意表をつくし、コンビニの同僚が片桐はいりという濃いキャスティングは絶妙です。『孤独のグルメ』も『ボッチ飯』も一人で食事をし、セリフは心の声です。飛沫も飛ばないし、コロナの時代にはピッタリではないでしょうか。ボッチ飯する飯豊を見ながら、癒やされている視聴者も多いと思います」(ドラマウオッチャー)

「待ってました!」とばかりに本家「孤独のグルメ」は「Season9」がスタートした。昨年、大晦日のスペシャルから半年、2年ぶりのレギュラー放送になる。

 初回の松重は住宅街のとんかつ店でヒレカツ定食にシーフードコロッケとエビフライを追加、変わらぬ健啖家ぶりを見せてファンをうならせてくれた。

 4度目の緊急事態宣言下、松重と飯豊で家飲みも悪くないかも。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変