小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

公開日: 更新日:

 地上波GP帯の“夏ドラマ”が出そろった。初回の世帯視聴率では「緊急取調室」(テレビ朝日=木曜夜9時)が14.7%、「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS=日曜夜9時)が14.1%、「ナイト・ドクター」(フジ=月曜夜9時)が13.4%でトップ3だ(ビデオリサーチ調べ=関東地区)。

「TBS日曜劇場とフジ月9との“医療モノ被り”は、どちらも好調。テレ朝木9の刑事モノもシリーズの強みを維持。一方、世帯視聴率では不利とされている“ラブコメ対決”となったフジ火9とTBS火10はどちらも苦戦しています」(テレビ誌ライター)

 ラブコメと言えば、7日発売の女性誌「an・an」でヌードを披露した中島健人(27)と小芝風花(24)がW主演の「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系=火曜夜9時)は初回から8%に届かず。キュンキュン路線で成功しているTBS火10枠で、二階堂ふみ(26)が初主演となる「プロミス・シンデレラ」もしかりだ。

「特にラブコメの場合、キャストの組み合わせが初回の数字に影響します。前クールの石原さとみ×綾野剛の『恋はDeepに』が10%台、川口春奈×横浜流星の『着飾る恋には理由があって』が9%台でしたから、それより2%低いという数字だけ見れば一般視聴者からの引きが弱かったのかなという印象。ですが、2話以降の数字の動きは、ストーリー展開がどれだけ支持されたかを示すので、我々は2話の数字に注目します」(エンタメ誌編集者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  2. 2
    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  5. 5
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  1. 6
    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

  2. 7
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  3. 8
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  4. 9
    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と

    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と会員限定記事

  5. 10
    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状

    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状