ゆきぽよの清楚系転身は失敗? バラエティー番組「ギャル枠」の栄枯盛衰

公開日: 更新日:

 タレントゆきぽよ(24)が昨年3月に発売した黒ギャルテイストの写真集「Yukipoyogram02」(双葉社)が、1年以上たった今月5日に3刷の重版出来し、話題になっている。

 実はゆきぽよは今年5月に最新写真集「はじめまして。」(光文社)を発売しているのだが、こちらは発売初週の売り上げは100冊に満たなかったという。新作は、ゆきぽよの自宅で知人がコカインを使用した容疑で逮捕された事件に対するみそぎの意味も込めてか、清楚系に転身。ところが全くふるわず、ギャル尽くしの過去作品の方に需要があるというのだからビックリである。

「多様性枠」にシフト

 例の事件以来、ゆきぽよは地上波テレビからは遠のき、おバカキャラだった藤田ニコル(23)は金髪から黒髪にし、大人路線に転向。バラエティーの「ギャル枠」はみちょぱこと池田美優(22)一強状態だ。同志社女子大学教授(メディア論)の影山貴彦氏はこう分析する。

「“ギャル”枠に分類される3人とも的確なコメントをする頭の良さと、適当そうに見えて実は礼儀正しいなど、いいギャップを持っている。みちょぱさんは、さらなるステップアップに向けて“脱ギャル”志向になったせいで、かえってゆきぽよさんのギャルらしさが独自性としてニーズが高まったのでは。つまり、ゆきぽよさんの場合はデビュー当時のままのほうがギャル需要を独占状態でベターなのでしょう」

 とはいえ、バラエティー番組のイス取りゲームは常に熾烈。最近では、トリッキーなコメントで人気の滝沢カレン(29)、ユーチューバー芸人のフワちゃん(27)など枠にハマらないタレントが席巻し、“ギャル枠”自体がなくなりつつある。

「見かけの“ギャル”から個性重視に変わり、結果的に“多様性枠”になっているように思います。インテリ、ギャルといった安易な“枠”という考え方は起用タレントの座組を考えるのに楽でしたが、制作サイドはそんな手抜きはできなくなりつつあるのかもしれません」(前出の影山氏)

 ギャルも含めて多様性の時代のようで。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  2. 2
    グラドル清水あいり 月収3ケタ公表前の壮絶貧乏生活「真っ暗な部屋で号泣しました」

    グラドル清水あいり 月収3ケタ公表前の壮絶貧乏生活「真っ暗な部屋で号泣しました」

  3. 3
    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

  4. 4
    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

  5. 5
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

もっと見る

  1. 6
    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

  2. 7
    キンプリとSnow Manの冠番組を比較検証 バラエティー番組での「嵐の後継者」はどっち?

    キンプリとSnow Manの冠番組を比較検証 バラエティー番組での「嵐の後継者」はどっち?

  3. 8
    ハチミツ二郎さんが告白 コロナ感染から1年以上経った今も「手のしびれ、倦怠感が…」

    ハチミツ二郎さんが告白 コロナ感染から1年以上経った今も「手のしびれ、倦怠感が…」

  4. 9
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  5. 10
    竹下景子がコロナ陽性も“マスコミ自粛警察”は下火に…芸能人が積極的に感染報告のナゼ

    竹下景子がコロナ陽性も“マスコミ自粛警察”は下火に…芸能人が積極的に感染報告のナゼ