著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

7月クールは朝ドラ女優の面目躍如 なぜ民放はNHKの“おさがり”起用ばかりなのか

公開日: 更新日:

 各局7月期の新ドラマが始まった。刑事モノ、恋愛モノに、今期は医療モノが2作品出揃った。なかでも通称「朝ドラ女優」と呼ばれる朝ドラ主演経験者の出演が際立っている。TBS二階堂ふみが「プロミス・シンデレラ」に主演。フジテレビ波瑠主演の「ナイト・ドクター」。日本テレビ戸田恵梨香永野芽郁のダブル主演による「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」。葵わかなテレビ東京の「女の戦争」でヒロイン。

 最近の朝ドラでは脇だった比嘉愛未適応障害で降板の深田恭子の代役としてフジの「推しの王子様」に主演。その他、小芝風花佐久間由衣と朝ドラでブレークした女優が今期の民放ドラマの脇を固めている。

 こうして見ると、民放ドラマは「朝ドラ女優」でまわっているようでもある。かつて女優の近道はキャンペーンガールなどモデルといわれていた時代があった。松嶋菜々子米倉涼子はモデル出身だ。

「当時は雑誌のグラビアの全盛期。セクシー要素も含めたビジュアル優先。話題性でドラマに起用した。“習うより慣れろ”で、実戦で芝居経験を積んで女優として開花させた」(芸能関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変