著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」、倉本聰との共著「脚本力」ほか。

飯豊まりえ「ひねくれ女のボッチ飯」持ち味であるフツーっぽさ、ヤボったさがぴったり

公開日: 更新日:

 飯豊まりえ主演「ひねくれ女のボッチ飯」(テレビ東京系)は、いわば「孤独のグルメ」の20代女子版である。ただし、井之頭五郎(松重豊)は自分で見つけた店にふらりと入るが、こちらの主人公・川本つぐみ(飯豊)は違う。「ホワイトホース」というアカウント名でSNSにアップされた食レポが気に入り、同じ店に一人で行ってみるのだ。

 すでに町中華でカツカレー、大衆食堂でしょうが焼き定食を味わった。飯豊は演技なのか素なのか、どんな料理もごく自然に、しかも実においしそうに食べる。その「食べ芸」が見どころのひとつだ。

 そもそも、つぐみは内向的で非社交的。7カ月つき合った彼氏にもフラれたばかりだ。コンビニでバイトをしながら漫然と暮らしている。飯豊の持ち味である、いい意味での「フツーっぽさ」や「ヤボったさ」が、このヒロインにはぴったりだ。

 さらにおかしいのは、つぐみはまだ知らないが、ホワイトホースの正体が冴えない営業マン、白石一馬(柄本時生)であることだ。仕事の失敗を失恋に置き換えた投稿が、つぐみの心にヒットする。

 ホワイトホースを勝手に「白馬の王子様」と解釈し、「どんな人だろう」と夢子ちゃん状態のつぐみ。この辺り、飯豊のコメディエンヌとしてのセンスが発揮されている。匿名の世界ならではの「妄想」と「結晶作用」の行方が楽しみだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変