城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

原田知世と椎名桔平が“50代の恋” 「これが最後の…」という思いが相手を大切にする

公開日: 更新日:

 先日、俳優の椎名桔平と女優の原田知世の交際・デート報道があった。

 椎名が彼の車で原田を迎えにいき、渋谷の店でホルモン焼きを食べ、一緒に椎名の自宅へ帰っていったという。

 このニュースを聞いた時、僕はじんわりとうれしくなった。まだまだ若いイメージで見ていたふたりだが、すでに50代になっていた。椎名が56歳、原田が53歳になったのは軽い驚きだった。

 僕なんかが原田の名前を耳にすると、映画「時をかける少女」「天国にいちばん近い島」といったところが頭に浮かぶ。その容姿は、当時からあまり変わっていないと思っている。イラストレーターとの離婚はあったが、それ以前の恋愛スキャンダルはまったくなく、プライベートは“謎”という女優だった。

 もちろん、若い頃の噂は度々聞いていた。俳優の実名も出ていたが、写真誌などにはキャッチされなかった。まぁ、恋愛では隠れた歴戦の勇士だったのかもしれない。

 一方、椎名は女優の山本未来との結婚・離婚を経験しているが、それ以前は本当にモテてモテて、プレーボーイとしても知られていた。やはり、共演していた女優さんと付き合ったり、時には撮影や収録中のラブシーンが、本気じゃないかと思えるほどの熱演だと聞いたこともあった。こちらも歴戦の勇士と言っていいだろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ