出水麻衣アナ好感度UP 元カレ2人“寝取られ”もアッケラカン

公開日: 更新日:

 カトパンことフリーアナウンサーの加藤綾子(36)が年商2000億円企業のバツイチ社長A氏と電撃結婚。このニュースで一躍、時の人となったのがTBS出水麻衣アナ(37)。「フライデー」が、A氏の“元カノ”が出水アナであることを報じたからだ。出水は2015年6月、A氏と青山の寿司店でデートした帰り、A氏のマンション前の路上で10分以上に及ぶ熱い抱擁と“路チュー”する姿をバッチリ撮られていた。

 出水は12日放送の「土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送」(TBSラジオ)で、共演するナイツの塙宣之と土屋伸之に、この件についてイジり倒された揚げ句、「すみません! 人さまの幸せな門出に水を差して本当に反省しております。すみません。脇をしっかり締めていきます。失礼いたしました」と話した。

 発売中の「週刊女性」は、出水の父母を直撃している。それによれば、かつて出水とA氏は、A氏の両親も含めて2回食事会をしたことがあるという“両親公認の仲”だったようだが、具体的に結婚の話はなかったと言う。出水の父親は、「娘はずいぶん前にお別れしているので、ケロッとしていましたし、本人も“お幸せに”と言って祝福していましたよ」と話している。

 2度も両親を交えた食事をしておきながら、今となってはA氏にはなんら執着はないように振る舞う出水だが、彼女の“寝取られエピソード”はこれにとどまらない。入社4年目の2010年には、A氏とは別の会社社長の男性と最初の「路チュー」を撮られている。しかし、その後破局し、その男性は、2018年10月にカトパンと同期のフジテレビ椿原慶子アナ(35)と結婚している。一度ならず二度までも元カレが他の女子アナとゴールインしているのだ。

もともと“肉食系”

「彼女ならあり得るんじゃないですか。帰国子女であることも関係しているのか、当時から派手な恋愛は有名で、“肉食系”などとさんざん書かれていました。よく言えばサッパリしていてモテるのですが、男女問わず、人たらしで、ガードがユルく、路チュー写真だけでなく、いわゆる『パンチラ写真』も同世代の若手アナの中で圧倒的に多かった」(写真週刊誌記者)

 一方、今回の件で、「彼女の好感度は下がることはない」というのは、女子アナ評論家の松本京也氏だ。

「ラジオでも明るく笑い飛ばしていましたが、そういうこともネタにしてしまえる屈託のなさが彼女の持ち味で、むしろ好感度は上がったのではないか。“デミちゃん”の愛称で可愛がられた彼女もすでに入社16年目のベテラン。最近は報道の印象も強く、女子アナ人気ランキングで上位に食い込むことはないものの、安定した人気と実力で、局アナとして堅調で息の長い活躍をしています」

 そろそろ本人にも、また浮いた話が出てくる頃かも知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  10. 10

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

もっと見る