SALLiA
著者のコラム一覧
SALLiA歌手、音楽家、仏像オタク二スト、ライター

歌って作って踊るスタイルで話題を呼び、「イデア」でUSEN 1位を獲得。2018年より仏像オタクニストの活動を始め、初著「生きるのが苦しいなら」は紀伊國屋総合ランキング3位を獲得。近著に「アラサー女子、悟りのススメ。」(オークラ出版)がある。

進撃の巨人がコロナ禍に完結した意味 絶望を100%描き切る

公開日: 更新日:

 11年7カ月にわたって連載が続いてきた「進撃の巨人」が、6月9日発売の第34巻をもって完結した。作者・諫山創(いさやま・はじめ)氏の出身地である大分県日田市では、巨人をかたどった空容器回収ボックスが日田駅前に設置されるなど、盛り上がりを見せている。

 筆者自身も、連載当初から「進撃の巨人」の世界観にのめり込んだ一人である。

■誰もが死に得る世界観

 塀の中で暮らす主人公たち。突如襲ってくる、謎多き存在である"巨人"。残酷に死んでいく人間たち。何もかもが謎で、だからこそ恐ろしく、そして面白かった。

 進撃の巨人によって人生に影響を受けた人も少なくない。

「物語において、主人公級の人物は、まず死にません。死なせられません。しかし、『進撃の巨人』では、主人公のエレンをはじめ、ミカサやアルミン、そして同期の104期生を含めた誰しもが死と等距離にあります。登場人物たちがここまで死にゆく漫画は、もしかしたら『進撃の巨人』が最初で最後なのではないかと思うほど。明日死ぬかもしれない。それはまさに、現実の生そのものです。だからこそ、生きることが生々しく、より迫力を伴って響いてくる。残酷であるがゆえに先のまったく読めない世界は、早く濃霧が晴れてほしいと願う我々読者をして怒涛にページをめくらせ、果ては知人に『進撃の巨人』を推奨せしめるのだと思います」(35歳・イラスト制作会社男性)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  4. 4

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る