六月大歌舞伎 玉三郎「桜姫」奇跡の演技、熱量失う観客席

公開日: 更新日:

 6月の歌舞伎座第2部は、4月に続いて、仁左衛門と玉三郎の鶴屋南北作「桜姫東文章」の「下の巻」。チケットは発売早々に完売している。この2人での「桜姫」は36年ぶりだったので、4月は上演が実現したことそのものが「奇跡だ」と話題になり、公演が始まると、その2人の変わらぬ若さと美しさが奇跡だと評判になった。

「下の巻」前半は仁左衛門演じる清玄と権助が中心となるが、後半から玉三郎演じる桜姫が突拍子もない行動に出て、物語の主導権を得てぐいぐいと突き進む。見ていて、唖然とするしかない。二重の意味であり得ないものを見せられる。ひとつは、「こんな、あり得ない」という物語の奇想天外さ、もうひとつは、「あり得ないと分かっているけど、こういう人、いるかもしれない」と思わせる玉三郎の演技だ。やはり奇跡だ。

 何も文句はない。ただ、客席が、冷静に鑑賞している雰囲気なのが気になった。4月は熱気があったのに、この1カ月間に、日本に何があったのだろうと思うほどの変化だ。(鶴屋)南北の退廃と猥雑が、清潔さと潔癖さが求められる時代に合わないのか。舞台と客席とがひとつになる演劇体験が蘇るまで、まだ時間がかかりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  4. 4

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  8. 8

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  9. 9

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る