三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

竹 平蔵(中抜き)はあまりにもアコギじゃないですかね?

公開日: 更新日:

 我々芸人のなかで仕事のやりとりをすることがあります。自分に来た仕事でスケジュールが合わないと自分と同等の他の芸人を紹介、派遣するなんてことがよくあるんです。または呼ぶ側の予算があまりない場合は自分より安い後輩の芸人を紹介したり。そしてその際に私たちは絶対にピンハネはしません。ルールというか美学というかピンハネは入れ屋(プロダクションや興行師)がやることで、我々はプレーヤーであり仲間なので、その領域に踏み込んだり仲間の金をかすめ取るのは下の下の行為なんです。

 それでもバレないだろうとやってしまうと大体面白いようにバレます。主催者が誤って直接ギャラを渡してしまったり「こんなに払ってるんだから」の金額がもらう金額と合わなかったり。そしてその芸人は「中抜き芸人」として一瞬にして楽屋仲間の信用を失うのです。

 竹平蔵(中抜き)は派遣をなりわいとしてるのですから前年比1000%増(日刊ゲンダイから)の利益を出そうが構わないんですが、ピンハネ率97%(日刊ゲンダイから)と聞けば心中穏やかではありません。政商という表現がありますが商いにしてはあまりにアコギ。そもそもこの男は製造業の非正規雇用を推し進めて今の格差社会を生み出した悪の権化。政府にすり寄り恥知らずな我田引水を続け私腹を肥やす傍ら納税(住民税)の義務を怠る、いわば国賊です。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記