“西のカトパン”ヒロド歩美アナ プロ野球選手と結婚志願?

公開日: 更新日:

 カトパンことフリーアナウンサーの加藤綾子(36)が電撃結婚を発表した今週。相手は、東京・神奈川を中心に60店舗のスーパーマーケットを展開する年商2000億円企業のバツイチ2代目社長だ。

 これまで、ダルビッシュ有(現パドレス)、片岡治大(現巨人コーチ)、そしてEXILEのNAOTOらとの交際が取り沙汰されてきたカトパンだが、最後に選んだのは、野球選手でもタレントでもない、超リッチな実業家だった。女子アナ評論家の松本京也氏はこう話す。

「やはり女子アナとして一時代を築いたカトパンですから、それに見合うセレブな男性を選んだということでしょうか。かつては女子アナの“玉の輿婚”といえば、プロ野球選手が定番でしたが、だいぶ変わりました。今は女子アナの結婚相手も“一般男性”という名のエリートサラリーマンや実業家から、同僚、タレント、ユーチューバーまで多種多彩です」

 それは最近の傾向を見ても明らか。ざっと挙げただけでも……。

夏目三久(元日テレ)♥タレントの有吉弘行(21年4月)
・永島優美(フジ)♥同局社員(21年3月)
・三上真奈(フジ)♥一般男性(21年1月)
久代萌美(フジ)♥人気ユーチューバー「北の打ち師達」のはるくん(21年1月)
・岩本乃蒼(日テレ)♥同局社員(20年11月)
三田友梨佳(フジ)♥一般男性(20年1月)
・古谷有美(TBS)♥一般男性(20年)

 確かに“女子アナの野球選手離れ”は進んでいるようだ。

「35歳までに結婚して高校球児の母になりたい」

 しかし、そんなトレンドに反して、果敢に野球選手を狙いにいってる(?)のは、ABC朝日放送のヒロド歩美アナ(29)。ヒロドは15年、「熱闘甲子園」(ABCテレビ/テレ朝系)に出演しブレーク。現在は「芸能人格付けチェック」や「サンデーLIVE!!」(同)にも出演する“西のカトパン”といわれる関西一の人気アナだ。

 くしくもカトパンが結婚発表した今週、ヒロドは「FLASH」でグラビアに初挑戦している。タンクトップからスラリと伸びた二の腕やホットパンツからのぞく美脚を披露し、いい女っぷりを大いにアピール。そのインタビューによれば、好きなタイプは、「包容力があって、同性に好かれている人」、見た目的には「ワイルド。ヒゲとか、いい意味で手入れをしていない感じで、サバイバル能力がありそうな人」らしい。

 さらに、甲子園開催中の取材について熱く語り、こう続けている。

「毎日、負けたチームの取材に行きます。試合を終えて涙を流して、感情を出し切ったあとに見せる笑顔がめちゃくちゃいいんです。こんなに野球を好きになるなんて家族もビックリしています。私の夢は、35歳までに結婚して、高校球児の母になることです!」

 ちなみにヒロドは根っからの阪神ファンで、かつて藤浪晋太郎との熱愛が報じられたこともある。その人気と美貌をもってすれば一流選手もきっとイチコロ。近い将来、元高校球児のプロ野球選手と熱愛発覚してゴールイン……なんてことが現実に?

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変