“西のカトパン”ヒロド歩美アナ プロ野球選手と結婚志願?

公開日: 更新日:

 カトパンことフリーアナウンサーの加藤綾子(36)が電撃結婚を発表した今週。相手は、東京・神奈川を中心に60店舗のスーパーマーケットを展開する年商2000億円企業のバツイチ2代目社長だ。

 これまで、ダルビッシュ有(現パドレス)、片岡治大(現巨人コーチ)、そしてEXILEのNAOTOらとの交際が取り沙汰されてきたカトパンだが、最後に選んだのは、野球選手でもタレントでもない、超リッチな実業家だった。女子アナ評論家の松本京也氏はこう話す。

「やはり女子アナとして一時代を築いたカトパンですから、それに見合うセレブな男性を選んだということでしょうか。かつては女子アナの“玉の輿婚”といえば、プロ野球選手が定番でしたが、だいぶ変わりました。今は女子アナの結婚相手も“一般男性”という名のエリートサラリーマンや実業家から、同僚、タレント、ユーチューバーまで多種多彩です」

 それは最近の傾向を見ても明らか。ざっと挙げただけでも……。

夏目三久(元日テレ)♥タレントの有吉弘行(21年4月)
・永島優美(フジ)♥同局社員(21年3月)
・三上真奈(フジ)♥一般男性(21年1月)
久代萌美(フジ)♥人気ユーチューバー「北の打ち師達」のはるくん(21年1月)
・岩本乃蒼(日テレ)♥同局社員(20年11月)
三田友梨佳(フジ)♥一般男性(20年1月)
・古谷有美(TBS)♥一般男性(20年)

 確かに“女子アナの野球選手離れ”は進んでいるようだ。

「35歳までに結婚して高校球児の母になりたい」

 しかし、そんなトレンドに反して、果敢に野球選手を狙いにいってる(?)のは、ABC朝日放送のヒロド歩美アナ(29)。ヒロドは15年、「熱闘甲子園」(ABCテレビ/テレ朝系)に出演しブレーク。現在は「芸能人格付けチェック」や「サンデーLIVE!!」(同)にも出演する“西のカトパン”といわれる関西一の人気アナだ。

 くしくもカトパンが結婚発表した今週、ヒロドは「FLASH」でグラビアに初挑戦している。タンクトップからスラリと伸びた二の腕やホットパンツからのぞく美脚を披露し、いい女っぷりを大いにアピール。そのインタビューによれば、好きなタイプは、「包容力があって、同性に好かれている人」、見た目的には「ワイルド。ヒゲとか、いい意味で手入れをしていない感じで、サバイバル能力がありそうな人」らしい。

 さらに、甲子園開催中の取材について熱く語り、こう続けている。

「毎日、負けたチームの取材に行きます。試合を終えて涙を流して、感情を出し切ったあとに見せる笑顔がめちゃくちゃいいんです。こんなに野球を好きになるなんて家族もビックリしています。私の夢は、35歳までに結婚して、高校球児の母になることです!」

 ちなみにヒロドは根っからの阪神ファンで、かつて藤浪晋太郎との熱愛が報じられたこともある。その人気と美貌をもってすれば一流選手もきっとイチコロ。近い将来、元高校球児のプロ野球選手と熱愛発覚してゴールイン……なんてことが現実に?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  6. 6

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

  10. 10

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

もっと見る