石原さとみ「恋ぷに」8%台で終了も…実は“成功作”だった

公開日: 更新日:

 9日に最終回を迎えた「恋はDeepに」(日本テレビ)。石原さとみ(34)と綾野剛(39)のW主演で「この春、史上最強のラブコメが始まる」とブチ上げた割には、世帯視聴率は初回こそ2ケタだったものの苦戦が続き、全9話平均8%台でフィニッシュとなった。

 石原が演じたヒロインが“人魚”を思わせるファンタジー設定に違和感を覚えた視聴者も多かったようだ。ネット上では初回終了後から〈石原さとみと綾野剛の無駄使い〉〈(主題歌の)back numberの無駄使い〉などとネガティブな書き込みであふれ、Yahoo!テレビの「みんなの感想」の評価も、5点満点で2点にも届かず。局が主導した略称「恋ぷに」も浸透しなかったようだ。

「〈大コケ〉と一部で言われているのは確かですが、世帯視聴率では昨今の連ドラの数字ならコケたというほどでもないし、ターゲットとする49歳以下の支持はまずまず。TVerの再生回数ランキングでも常に上位です。“ヒット作”とは大声で言えないまでも、“失敗作”ではないでしょう」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  6. 6

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

  10. 10

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

もっと見る