芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイデジタルや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

石原さとみ「恋ぷに」打ち切りで元カレ山ピーと再共演浮上

公開日: 更新日:

 山下智久(36)と石原さとみ(34)に、まさかのドラマ再共演の話が急浮上している。

 2人は2015年の月9ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」(フジテレビ系)での共演をきっかけに交際をスタート。結婚秒読みともいわれたが、17年秋に破局していたことが伝えられた。その後、石原はIT企業「SHOWROOM」の前田裕二社長(33)との熱愛が報じられたものの破局。昨年、“一般男性”との結婚を発表した。

 一方、山下は18年2月にハーフモデルとのハワイ旅行を報じられ、昨年8月には女子高生との深夜の飲み会が発覚。同年10月末にジャニーズ事務所を退所し、本格的なハリウッド進出を目指した。ただ、配信ドラマ「TOKYO VICE」のホスト役のような脇役が続き、今年3月末には、ウィル・スミス(52)がスポンサーを務めるマネジメント会社「ウエストブルック」との契約解消が伝えられた。最近はスケジュール的な余裕もできて、“日本復帰”を視野に入れているという。

 山下の事情は理解できるにせよ、なぜ今更、石原と再共演なのか。それは、石原が現在置かれている状況と無関係ではない。今年4月期の主演ドラマ「恋はDeepに」(日本テレビ系)が、視聴率不振を理由に9日放送の第9話(全10話)で打ち切られた。今年で女優デビュー19年目を迎える石原にとって、連ドラの打ち切りは初めてのことだ。18年7月期の主演ドラマ「高嶺の花」(日テレ系)以降、石原は苦戦が続いている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!