芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイデジタルや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

鷲見玲奈“ポストみな実”から脱落 「バンキシャ」MC消えた

公開日: 更新日:

 “ポスト田中みな実”の最右翼と目されていた鷲見玲奈(31)が急失速しつつある。原因は「週刊ポスト」(5月28日号)のスクープ。鷲見は緊急事態宣言下のGW明けの夕方、現在3年ほど交際しているパイロットの男性との居酒屋デートを撮られた。時短営業要請の夜8時を過ぎても飲酒・飲食を続け、午後11時ごろまで飲んでいたという。昨年3月にテレビ東京を退社し、ようやくバラエティータレントとして目鼻がついた直後に、スキャンダル発覚によって、今後のプロモーションの大幅修正が迫られている。

 鷲見の業界内での共通認識は「頭脳明晰で仕事ができる女性」というもの。さらに、番組演出上のNGがなく、タレントとして固定ファンを持ち、アドリブも利く。テレビ局スタッフからのウケが抜群に良かったのは言うまでもない。

 今年1月期に放送された連続ドラマ「アプリで恋する20の条件」(日本テレビ系)では本人の念願だった女優デビューも果たし、劇中で見せた野村周平(27)とのキスシーンは、「醸し出す空気感が尋常ではない」とドラマや映画関係者から絶賛された。そして、日本テレビは密かにビッグプロジェクトに鷲見を絡める方向で検討を進めていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  4. 4

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る