韓国の過激ファン“サセン”の実態 日本のヤラカシより危険

公開日: 更新日:

 関ジャニ∞大倉忠義(36)が先日、ファンの迷惑行為について「アイドルが平穏に暮らせる世界ってあってもいいと思わないかい?」などとジャニーズ事務所の会員制有料サイトのブログで苦言を呈した。ヤラカシとは、過激な方法でアーティストのプライバシーを侵害したり、迷惑行為を繰り返す人たちのこと。ジャニーズのファンのみならず、世界各国にヤラカシに相当する人は存在する。

 例えば隣国、韓国では、そのような迷惑行為を行う人物を「サセン」と呼ぶ。韓国のアーティストたちはコロナ前まで世界各国を飛び回っていた。サセンはそんな彼ら、彼女らと同じ飛行機の便を使用し、同じホテルに泊まり、アーティストたちを追い掛け回す。トイレまでファンが押し寄せてくるため、アーティストは気楽にトイレに行くこともままならないという。

「過去にサセンが同性を偽りトイレに忍び込むという事件も実際に起きています。だからアーティストは、メンバー同士でお互いの身を守るために、交代でトイレへ行き、用を足さないメンバーは入り口のところに立ち、壁を作りサセンを入れないようにしたりする。それ以上の迷惑行為を行う人もいて、携帯番号や自宅まで突き止め、いたずら電話をかけたり、自宅のベランダや部屋の中で休むアーティストを撮影する人もいます」(韓流ライターのアユム・ミレ氏)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  2. 2
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  3. 3
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  4. 4
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    今オフも早期引退に追い込まれるプロ野球選手続出で…選手会の言い分は?

    今オフも早期引退に追い込まれるプロ野球選手続出で…選手会の言い分は?

  2. 7
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  3. 8
    デビュー30周年の瀬戸朝香に「工藤静香化」の懸念 出過ぎるジャニーズ妻は嫌われる?

    デビュー30周年の瀬戸朝香に「工藤静香化」の懸念 出過ぎるジャニーズ妻は嫌われる?

  4. 9
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  5. 10
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂