有吉弘行に「電波少年」は黒歴史 毛嫌いする「2つの理由」

公開日: 更新日:

 テレビのバラエティー番組でその姿を見ない日はなく、最近はフリーアナの夏目三久(38)を妻にめとり、まさにこの世の春を謳歌している有吉弘行(47)。

 その有吉がいまも己の黒歴史と認定し、テレビでも語ることをかたくなに拒否しているのが、実はデビュー作にして出世作ともいえる「進め!電波少年」(日テレ系)だという。かつて有吉がお笑いコンビ“猿岩石”としてユーラシア大陸をヒッチハイクで横断。一時期はアイドル並みの人気を誇ったことは誰もが知る話だが……。

■T部長とは疎遠状態に

「それこそ『電波少年』でお馴染みのT部長とはかつて番組で共演していますが、いま、T部長が番組復刻版企画や当時の思い出を別番組やネット番組などでオファーしてもスルーされているんです。なんでも有吉は『日テレのレギュラー番組を全て降板させられても“電波少年”にだけは関わりたくない』と断言しているそうです」(芸能関係者)

 事実、有吉は「櫻井・有吉 THE夜会」(TBS系、5月27日OA)でもT部長を筆頭とする当時の番組スタッフらを毛嫌いしていることを明かしている。

「有吉は桜井翔やゲストの出川哲朗に『ほんと気分悪いです。あの人たちがちょっとでも“俺があいつを(売れっ子にしてやった)”とだけは言わせたくない』と断言しました。とにかくあの嫌い方はハンパじゃない」(前出の芸能関係者)

 有吉が「電波少年」をここまで毛嫌いする理由は想像に難くない。

「いまでこそ笑い話にしているが、本来ならコンプライアンス的に全てアウトな企画をそれこそ命懸けでやらされているんです。プライドや人権なんて完全無視です。そもそも、いきなりアイマスクとヘッドフォンを着けられ企画のスタート地点に連行されT部長から『この企画、やりますか? やりませんか!?』と迫られたらやるとしか言えない。25年前の話だとしても、とにかくムチャクチャだったんです」(前出の芸能関係者)

擦り寄ってきた番組スタッフの態度に怒り

 もうひとつ、有吉がいら立ちを隠せない理由があるという。自分が再ブレークした途端、擦り寄ってきたかつての番組スタッフの態度だという。

「このいら立ちが『櫻井・有吉 THE夜会』で発した『俺が売ってやった』と言うスタッフに対する露骨な怒りです。『電波』のスタッフの多くは今や、冷や飯を食わされている。制作現場に残っているのはほんの一握り。だから、売れっ子の有吉を利用して、過去の夢よもう一度とばかりに番組を作りたいわけです」(制作関係者)

 もっともいまや有吉はテレビ界にとっては超VIP。当然、有吉の希望の方が最優先されるわけだ。

「もはや、有吉の方が立場が上なんです。有吉がNOならNOです。現在、WOWOWで放送されている『電波少年W』も本来なら日テレでやりたかったはずなんです。しかし、日テレ上層部は有吉の気持ちを忖度し制作を見送ったと言ってもいい。WOWOWのトップは日テレから送り込まれた人物です。当然、T部長もいまの有吉には直接、会うこともかなわないと思います」(事情通)

 テレビ界において、かつての「電波少年」スタッフらと完全に立場が逆転した有吉。有吉企画のリベンジ番組を当時の元スタッフらに課してみてはどうか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    侍Jの官邸表敬訪問は誰も止められなかったのか…帰国当日のムチャぶり強行軍に疑問噴出

    侍Jの官邸表敬訪問は誰も止められなかったのか…帰国当日のムチャぶり強行軍に疑問噴出

  2. 2
    芦田愛菜、谷花音、鈴木福、本田望結…高学歴が話題の元子役たち“評価真っ二つ”のナゼ

    芦田愛菜、谷花音、鈴木福、本田望結…高学歴が話題の元子役たち“評価真っ二つ”のナゼ

  3. 3
    滝沢秀明氏の新会社設立は“辞めジャニ”の受け皿に…古巣ジャニーズ事務所は余裕の静観

    滝沢秀明氏の新会社設立は“辞めジャニ”の受け皿に…古巣ジャニーズ事務所は余裕の静観

  4. 4
    滝沢秀明氏「新会社設立」の絶妙タイミングに称賛集まる “辞めジャニ”勝ち組・負け組が鮮明に

    滝沢秀明氏「新会社設立」の絶妙タイミングに称賛集まる “辞めジャニ”勝ち組・負け組が鮮明に

  5. 5
    ジェシカ容疑者は“夜の女王”…美人ハーフ道端3姉妹の奔放すぎる行動と素顔

    ジェシカ容疑者は“夜の女王”…美人ハーフ道端3姉妹の奔放すぎる行動と素顔

  1. 6
    WBC連覇逃した米国のやりたい放題! カネ・ルール変更・身内の審判…その先に見据えるもの

    WBC連覇逃した米国のやりたい放題! カネ・ルール変更・身内の審判…その先に見据えるもの

  2. 7
    大谷翔平は「最高級品」ゆえのオール特別待遇だった 決勝戦リリーフ登板は本人がエ軍に“直談判”

    大谷翔平は「最高級品」ゆえのオール特別待遇だった 決勝戦リリーフ登板は本人がエ軍に“直談判”

  3. 8
    キムタク「教場0」ビジュアル解禁も反応パッとせず…福山雅治との“番宣合戦”で共倒れの懸念

    キムタク「教場0」ビジュアル解禁も反応パッとせず…福山雅治との“番宣合戦”で共倒れの懸念

  4. 9
    元AKB48“神7”の明暗クッキリ…篠田麻里子はドロ沼離婚、板野友美は夫がWBC優勝で歓喜

    元AKB48“神7”の明暗クッキリ…篠田麻里子はドロ沼離婚、板野友美は夫がWBC優勝で歓喜

  5. 10
    見事だったWBC決勝での侍J継投策 吉井投手コーチは“一球入魂”の落とし穴を熟知していた

    見事だったWBC決勝での侍J継投策 吉井投手コーチは“一球入魂”の落とし穴を熟知していた