「青天を衝け」平岡円四郎ロス 堤真一“退場”にがっかり

公開日: 更新日:

 NHK大河ドラマ「青天を衝け」の“平岡円四郎ロス”が広がりそうである。一橋慶喜(草彅剛)の腹心で、志士気取りの跳ねっ返りの渋沢栄一(吉沢亮)をあえて召し抱える太っ腹の家老並を堤真一が好演しているが、30日の放送で暗殺されてしまうのだ。

「吉沢の一本調子の芝居を、父親役の小林薫、草彅、そして堤がカバーしているのですが、なかでも、堤の平岡は伝法で偉ぶらない魅力的なキャラで、ドラマ全体を明るくにぎやかにしています。女房の元売れっ子芸者・やす(木村佳乃)とのコントのような掛け合いは、『大河のお笑い担当か』なんて、番組ホームページでも好評なんです。そんなすてきな平岡が殺されてしまう」(放送作家)

 慶喜が攘夷に踏み切らないのは、平岡が開国論を吹き込んでいるからだと勘繰った水戸藩士数人に、京都の町奉行所与力長屋を出たところで襲われ、護衛の川村恵十郎(波岡一喜)らと反撃するが、致命傷を負って絶命する。慶喜は血だらけの遺体を抱き上げ、「尽未来際(未来永劫)どこまでも供をすると申したではないか」と人目もはばからず大泣き。しかし、平岡に命じられて、関東で一橋家に仕える家来集めに奔走している渋沢は、恩人の死をまだ知らない――というのが第16回だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に