虹コン・清水理子が初ソロCD発売「残るものは格別の喜び」

公開日: 更新日:

 虹のコンキスタドールの清水理子(24)が12日、初のソロデビューシングル「あなたへ」(キングレコード)をリリースした。身長167センチのスレンダーボディーでグラビアでも活躍、グループ内では歌唱力もピカイチで“歌姫”の異名も。そんな“りこぴん”に新曲への意気込みを直撃した。

  ◇  ◇  ◇

 ソロで初のCD発売だそう。

「配信限定でソロの楽曲をリリースしていますが、CDは初めて。残るものになるっていうのはまた格別の喜びがあります」

 ソロとグループだとかなり違う?

「グループのときはレコーディングも1人1時間くらいで、その中で成果を出さなきゃいけない。リリースされてから“ココが使われていたんだ”って答え合わせするような感じで、毎日がオーディションみたいなんです。ソロだと歌い方も含め、納得ができるところまで作ることができて、今回は自信作ができました」

 虹コンは仲の良さも自慢だ。

「素でいられるグループなんです。中高時代、女の子の派閥に怯えるタイプだったので、どのメンバーとも仲良しって本当に居心地いいです。リーダーも熱いし、優しいし、声デカいし(笑い)」

「全農食の応援団」に就任している虹コン。りこぴんも食には詳しくなったという。

「食に関する#がメンバーで一番多いくらい、食の応援団のお仕事が大好きです。就任してからおいしいものをたくさん発信したくなりました。最近感動したのは、収録後に余った食材をリュックにいっぱいいただいて、番組で作ったカレーを再現したとき! 食材の違いでこんなにおいしくなるのかと驚きました。全農さんでいただいたお肉もメチャメチャおいしくて、食の応援団で良かったって(笑い)」

勢いと力強さだけでは成り立たない音楽を私なりに表現できたら

 SNSでは新しい試みにもチャレンジしている。

「アーティストさんとコラボして“歌修行”っていう配信をやっています。ファンの方も『りこぴんの歌だ』って喜んでくださいました。できたら歌でフォロワーさんを集められるようになれたらいいですね」

 心配性な一面もあるそうで。

「コロナ以前は毎日ライブがありましたからね。みなさんに忘れられないように供給を絶やさないようにしています。たまに供給過多になることもあるんですが(笑い)」

 コロナ禍のいま、家ではどんなふうに過ごしている?

「最近は、ASMRを聴きながら、デコチェキを作っています。こういうの大好きなので1枚に30分くらいかけて作っています。あとタロットカードで占いを始めて、友達に『なんか悩みない?』って電話して、勝手に占ってます。そのうちみなさんの前で披露できるようになれたらと」

 今後の意気込みを。

「6月にリリース記念のワンマンライブを予定しています。アコースティックコーナーも予定しています。勢いと力強さだけでは成り立たない音楽を私なりに表現できたらとライブに向けて頑張っています。ぜひCDも聴いてくださいね!」

 (聞き手=岩渕景子/日刊ゲンダイ)

■ワンマンライブ「あなたへ~This song for you~」開催<予定>
6月7日、18時~@TSUTAYA O-WEST(東京・渋谷)
※詳細はHPで。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  3. 3

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  4. 4

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  5. 5

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  6. 6

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  7. 7

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  8. 8

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

もっと見る