松坂桃李ピカ一のポンコツ男 地で行くダサさに∞の可能性

公開日: 更新日:

 今、“ポンコツ”を演じさせたら、松坂桃李(32)の右に出る役者はいないだろう。4月24日から始まったNHK土曜ドラマ「今ここにある危機とぼくの好感度について」では、何事も事なかれ主義の好感度ばかりを気にする元アナウンサーの大学広報担当者という主人公を好演。同30日スタートの「あのときキスしておけば」(テレビ朝日系)では、失敗ばかりを繰り返すスーパーの店員で、夢も覇気もないダメ男を演じている。

「同時期に2つのドラマの主役を演じるだけでも珍しいのに、どちらもポンコツキャラ。その不器用な動きといい、おどおどした表情といい、演技とは思えないほどのハマりっぷりです。それほど板についており、『ポンコツ男といえば松坂桃李』というくらい、イメージが定着しつつあります」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 スーパー戦隊俳優として脚光を浴び、端正な顔立ちと抜群のスタイル、そして非凡な演技力でイケメン俳優として活躍してきたが、その枠から外れるきっかけとなったのは、意外にもバラエティー番組だった。2018年に出演した「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)では、プライベートは「超出無精」で、しかも「ファッションに全く興味がなくダサい」と俳優仲間から暴露され、「奥の部分とかまで(心を開く)とかなると、家族でもないかもしれない」と、闇を感じさせる発言をしてダウンタウンを驚かせた。19年に出演した「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)では、結婚願望があることを明かした上で、“結婚条件20カ条”なるものを明かし、共演者と視聴者をドン引きさせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  4. 4

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  5. 5

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  6. 6

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  7. 7

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  8. 8

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    国会延長を拒否した菅首相、三原副大臣、平井大臣の二枚舌

もっと見る