成田凌は朝ドラの法則壊す?“クズの一平”のまま終わるのか

公開日: 更新日:

 杉咲花(23)主演の朝ドラ「おちょやん」が5月14日に最終回を迎える。主人公の竹井千代は「鶴亀新喜劇」の舞台に再び立つことを決め、いよいよドラマはクライマックスだが、注目は成田凌(27)が演じる天海一平がこのまま“ヒール”で終わるかだろう。一平は千代と結婚している既婚者だったにもかかわらず、浮気した若い劇団員を妊娠させて千代と離婚。その週は〈一平のどあほ カス 最低 クズ、卑怯者〉などと朝ドラファンの書き込みでネット上が荒れた。

 その後、5月13日発売の「週刊文春」が「成田凌『ドアホ!』な女癖」という見出しとともに成田の奔放な私生活を報じたこともあり、彼のチャラいイメージが定着しつつある。

「『おちょやん』が成田さんに最後の最後までヒールを演じさせるとしたら、朝ドラでは珍しいケースだと言えるでしょう。朝ドラには徹底的な悪人は出演しないことが“お決まり”となっているからです。どんな嫌われ役も最後はいい人で終わるのが朝ドラの定番です。千代の幼少期にいじわるな継母役を演じた宮澤エマさんも終盤に再登場した際は“いい人”になりましたし、千代に金を無心し続けたダメ親父のテルヲも最後は娘のことを心から案じる“優しいお父さん”になっていました。一平だけが“クズ”のまま終わったら不公平に感じる視聴者もいそうです」(芸能評論家の佐々木博之氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  4. 4

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  5. 5

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  6. 6

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  7. 7

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  8. 8

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  9. 9

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  10. 10

    国会延長を拒否した菅首相、三原副大臣、平井大臣の二枚舌

もっと見る