石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

公開日: 更新日:

 とんねるず石橋貴明(59)が息を吹き返している。

 相方の木梨憲武(59)とのレギュラー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)は、2018年3月に30年の歴史に終止符を打ち、後にピンで「石橋貴明のたいむとんねる」「石橋、薪を焚べる」(同)をスタートさせたものの短命で終わり、〈オワコン〉〈老害〉とまで言われたが、2020年6月、YouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」を開設すると、登録者数はあっと言う間に100万人超え。現在は161万人まで伸ばしている。

 昨年7月に公開された、元プロ野球選手・清原和博(53)との対談は、シリーズ3本で視聴回数は累計1592万回を超えた。他にも、新型コロナウイルスによって客離れが懸念されたプロ野球界、減収や借金で頭を抱える飲食店をまじめに救済する社会的企画も好調だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  3. 3

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  4. 4

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  5. 5

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  6. 6

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  7. 7

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  8. 8

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

もっと見る