池内ひろ美
著者のコラム一覧
池内ひろ美家族問題評論家

1961年、岡山県生まれ。自身の離婚をきっかけに、人生をリストラクチャー(再構築)するため前向きに選択する離婚を「リストラ離婚 妻が・夫を・捨てたわけ (講談社文庫)」と名づけて上梓。以降著書は31作に及ぶ、夫婦・家族問題評論家の草分け的存在。現在、ガールパワー代表理事、家族メンター協会代表理事、内閣府後援女性活躍推進委員会理事をつとめる。

小室哲哉はドライで合理的な偏食家 関わる女性が不幸に…

公開日: 更新日:

 バツ3になった小室哲哉さんの最初の結婚は29歳。お相手は8歳年下のアイドルでした。その後、プロデューサーとして一躍有名になってから交際したのは華原朋美さんで、デビュー前の彼女にグランドピアノのある豪華な部屋を用意するなど、数々のシンデレラエピソードが華原さんから語られました。

 華原さんと破局すると自身がプロデュースしたグループのダンサーと結婚するも10カ月で離婚。その7カ月後にKEIKOさんと結婚。小室さんの資産売却や逮捕など不運の時期を支えたにもかかわらず、くも膜下出血で倒れたKEIKOさんを捨てて、「性欲が枯れた」と言いつつも性癖は変わらないのか、看護師さんに心を奪われ……関わっていく女性が皆、不幸になっていく印象が否めません。

食に対する欲求が低くて小食

 女性遍歴からわかるのは、常に彼が与えているかに見えて実は「彼を支えてくれる女性」が必要なタイプではないかということです。恋愛には依存的な面があり、中には共依存となる場合もありますが、小室さんの場合は、時に女性の何もかもを奪いかねない面が見られます。華原さんは豪華過ぎる暮らしの中で周囲と断絶し、彼女が崩壊しかねないほど苦しい恋でもありました。

 その半面、小室さん自身の本来の考え方は非常にドライ。合理的でもありますが、恋愛に合理性を持ち込むとそのあまりのギャップに女性は混乱します。およそ何かに秀でた才能を持つ男性の特徴でもありますので、付き合う女性には覚悟が必要です。

 極端な偏食家でもあり、魚や野菜は一切食べることなく、食に対する欲求が低くて小食というのは、ダイエットコークとハンバーガーが好物というビル・ゲイツに似たものも感じられます。偏食から骨粗しょう症を疑われたのが、2016年に路上でつまずいて足首をひねり右足関節骨折です。当時57歳だった小室さんの「つまずき骨折」は痛々しい驚きでした。

 恋愛と結婚もつまずきが続きますが、別れも合理的です。経済的に豊かな時に別れたAsamiさんには10カ月の結婚期間しかなかったにもかかわらず、多額の慰謝料と養育費を払っていますが、お金がない時期に別れた相手には“払う意味がわからない”と言わんばかりに支払わない。

 いずれにしても、偏食家の男性と付き合う女性は気をつけてください。偏食家は食べられるものが限定されていて食材の幅が小さいため、女性と食事の時間を楽しむことが苦手な人たちです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  4. 4

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  5. 5

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  6. 6

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  7. 7

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  8. 8

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    国会延長を拒否した菅首相、三原副大臣、平井大臣の二枚舌

もっと見る