池内ひろ美
著者のコラム一覧
池内ひろ美家族問題評論家

1961年、岡山県生まれ。自身の離婚をきっかけに、人生をリストラクチャー(再構築)するため前向きに選択する離婚を「リストラ離婚 妻が・夫を・捨てたわけ (講談社文庫)」と名づけて上梓。以降著書は31作に及ぶ、夫婦・家族問題評論家の草分け的存在。現在、ガールパワー代表理事、家族メンター協会代表理事、内閣府後援女性活躍推進委員会理事をつとめる。

三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

公開日: 更新日:

 不倫したからといって皆が離婚をするわけではありません。年初1月7日に不倫が発覚した歌舞伎俳優・中村芝翫さんの場合も、妻・三田寛子さんは離婚など全く考えている様子はありませんでした。

 不倫発覚は4年ぶり2度目。4年前の不倫のお相手は、京都の人気芸妓でした。夫の不倫発覚に対して妻の三田寛子さんは、取材に訪れた報道陣に対して穏やかに会釈し、週刊誌の取材に「これからが、彼の男として、人としての見せどころ」と発言するなど、すべてにおいて「神対応」と呼ばれました。この「神対応」とは、人前で夫を責め立てたり、妻が感情的になりすぎたりしないで、取材陣を含めた周りの人をなにより優先してふんわりと収めたことについて称された言葉ですが、なんとも男性目線。自分の浮気がバレた時は、妻や恋人にも三田寛子さんのような対応をして欲しいという願望の表れでもあります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  3. 3

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  4. 4

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  5. 5

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  6. 6

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  7. 7

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  8. 8

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

もっと見る