改名した芸能人の明と暗…リコカツの永山瑛太は「EITA」→「瑛太」から2度目の変更

公開日: 更新日:

 連ドラ「リコカツ」で北川景子の純粋で超真面目な航空自衛隊救難員の夫を永山瑛太が激アツに演じて話題だ。永山は3月に長年在籍した事務所から独立、個人事務所を立ち上げたばかり。昨年1月には芸名を瑛太から本名の「永山瑛太」に変更した。デビュー当時はEITAを名乗り、今度が2度目の改名だ。

 永山と同じくある日突然、名字がついたのが仲野太賀。中野英雄を父に持ち、親の七光と言われることを嫌い太賀でデビューした。2019年の6月に「仲野太賀」と改め、映画やドラマで活躍している。今期は「コントが始まる」で芸達者ぶりを見せている。

 千葉真一の長男の新田真剣佑(旧・真剣佑)や昨秋事故を起こした伊藤健太郎(旧・健太郎)も後から名字がついた。

 18年に改名したが、いまだに馴染まないのが美村里江。旧芸名のミムラがインパクトが大き過ぎたからかもしれない。ミムラは「ムーミン」に登場するミムラ姉さんにちなんでつけたのは有名な話。オフィシャルウェブサイトによれば改名の理由は3点で①本家ムーミン“ミムラ姉さん”の知名度がぐんと上がったため②大河ドラマ台本の役名・出演者一覧を見て本来の日本名の大切さ③公私の自分がニアリーイコールになったとある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  3. 3

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  4. 4

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  5. 5

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  6. 6

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  7. 7

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  8. 8

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

もっと見る