近藤真彦は愚か者? “身勝手退所”でさらした自らのリスク

公開日: 更新日:

 近藤真彦(56)のジャニーズ事務所退所。最も近い後輩だった少年隊東山紀之(54)が、5月2日に生放送された「サンデーLIVE!!」(テレビ朝日系)で、「退所のコメントもすごく薄っぺらく感じる」と苦言を呈したことで、“飛ぶ鳥跡を濁す”内容だったことが明らかになった。

 TOKIO城島茂(50)は「週刊ニュースリーダー」(同)で、KAT-TUN中丸雄一(37)は「シューイチ」(日本テレビ系)で、風間俊介(37)は「ZIP!」(同)で、それぞれの立場を鑑みたコメントをして、ジャニーズ最大の功労者を責めなかったが、それもまたジャニーズの上下関係の徹底ぶりを感じさせ、ネット上には〈不条理もNOと言えない環境だったのか〉〈逆にブラックに感じる〉という意見も。

 東山が違和感を抱いた原因は、昨年の不倫騒動が大きい。昨年11月に近藤と25歳年下の交際女性との写真が掲載され、活動自粛。40周年記念コンサートやそれに向けたテレビ出演などすべて水泡に帰し、半年経たずして退所してしまったのだ。スタッフの尽力はもちろん、事務所の台所事情も知る次男・東山としては黙って見送るわけにはいかなかったのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”