近藤真彦は愚か者? “身勝手退所”でさらした自らのリスク

公開日: 更新日:

 近藤真彦(56)のジャニーズ事務所退所。最も近い後輩だった少年隊東山紀之(54)が、5月2日に生放送された「サンデーLIVE!!」(テレビ朝日系)で、「退所のコメントもすごく薄っぺらく感じる」と苦言を呈したことで、“飛ぶ鳥跡を濁す”内容だったことが明らかになった。

 TOKIO城島茂(50)は「週刊ニュースリーダー」(同)で、KAT-TUN中丸雄一(37)は「シューイチ」(日本テレビ系)で、風間俊介(37)は「ZIP!」(同)で、それぞれの立場を鑑みたコメントをして、ジャニーズ最大の功労者を責めなかったが、それもまたジャニーズの上下関係の徹底ぶりを感じさせ、ネット上には〈不条理もNOと言えない環境だったのか〉〈逆にブラックに感じる〉という意見も。

 東山が違和感を抱いた原因は、昨年の不倫騒動が大きい。昨年11月に近藤と25歳年下の交際女性との写真が掲載され、活動自粛。40周年記念コンサートやそれに向けたテレビ出演などすべて水泡に帰し、半年経たずして退所してしまったのだ。スタッフの尽力はもちろん、事務所の台所事情も知る次男・東山としては黙って見送るわけにはいかなかったのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  4. 4

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  5. 5

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  6. 6

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  7. 7

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  8. 8

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

もっと見る