急転直下の寄席休業は文化庁を通じた菅政権の圧力だった!

公開日: 更新日:

 3度目の緊急事態宣言発令後も客数を半分に減らして興行を続けてきた東京都内の4寄席(鈴本演芸場、新宿末広亭、浅草演芸ホール、池袋演芸場)が一転、1日から休業に入った。「社会生活の維持に必要」と主張する寄席と落語協会、落語芸術協会は、「無観客開催」を要請する都と衝突。ついには都から「休業要請」をチラつかされながら協議を重ねたが、菅政権の圧力に耐えきれなかったという。

「寄席側は感染対策を徹底して営業を続けていましたが、都からの度重なる無観客要請に困惑していた。それで、何とかならないものかと相談を持ち掛けたのが、落語好きの小泉進次郎環境相。超党派の『落語議員連盟』(落語を楽しみ、学ぶ国会議員の会)の発起人で、落協とも芸協とも付き合いがある。ですが、進次郎大臣は、〈今は逆らわない方がいい〉とニベもなかったそうです」(与党関係者)

 一方、新型コロナ担当の西村経済再生相は先月26日の記者会見で「支援策を活用して休業要請に応じてほしい」と求め、落語ファンだという加藤官房長官も翌27日に「さまざま不満もあると思うが協力してほしい」と発言。外堀が埋められつつある中、トドメを刺したのは文化庁を通じた官邸の圧力だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  7. 7

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る