激変のグラビア事情!坂道グループがヤングマンガ誌を席巻

公開日: 更新日:

 週刊ヤングマガジンや、ビッグコミックスピリッツ、週刊ヤングジャンプなどのヤングマンガ誌やアイドル誌が近年“史上最高のクオリティー”と話題だ。正統派アイドルたちが続々とグラビア参入しているのだ。

 乃木坂46櫻坂46日向坂46といった紅白に出場した正統派が、部屋着風肌露出など、プライベート感のあるグラビアで登場。いつものひざ丈の制服姿と異なる姿は男性だけでなく、同性にも支持されている。グラビアはグラドルだけのフィールドではなくなっているのである。アイドル評論家のブレーメン大島氏はこう分析する。

「グラドルの出番が激減したことと、トップクラスのグラドルが減ったことで“席があいた”ところにグラビアで個性を発揮しようとするアイドルがおさまった感があります。イエローキャブのグラドルや若槻千夏さんらが活躍していた“誰もが知っているグラドル”は今も現役の熊田曜子さんぐらい。次世代グラドルも知名度はあっても全盛期に比べたら人気は劣ります。今、グラビアのイベント会場は都内でも1カ所しかなく、お渡し会もできなければ報道もされず、“地下グラドル化”が進んでいます。そんな中、メジャーなアイドルたちも活動の場が制限され、グラビア活動を“個性を発揮する場”ととらえるようになった。コロナ禍で地盤沈下したグラドルに比べ、コロナを追い風にしたトップランナーが坂道グループといえます」

グループの世代交代も要因か

 先週発売の「週刊ヤングマガジン」(講談社)第21号では乃木坂46の遠藤さくら(19)が表紙を務めた他、坂道グループ12人が登場し“百花繚乱”状態。アイドル研究家の北川昌弘氏は「坂道グループの世代交代も要因」としてこう続ける。

「AKBがグラビアを席巻した時代がありましたが、坂道グループのニューエージが知名度を上げようというタイミングでグラビア露出していることも大きいでしょう。最近はグラビア事務所1社のタレントで雑誌をジャックするなど新たな流れも生まれています。森咲智美さんらが所属するリップはセクシーに舵を切り、バラエティーやドラマに進出。ゼロイチファミリアはグラビアから特撮ドラマに進出するという新たな道を確立しています」

 コロナ禍を吹き飛ばすかのようにグラビア界は新時代に突入している。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “伝説のAV女優”小林ひとみさん 銀座高級クラブで雇われママ、コロナ休業中はゲーマー加速

    “伝説のAV女優”小林ひとみさん 銀座高級クラブで雇われママ、コロナ休業中はゲーマー加速

  2. 2
    《#被疑者》《早く顔写真をさらせ》 コロナ給付金4630万円ネコババで加熱するネット探偵団

    《#被疑者》《早く顔写真をさらせ》 コロナ給付金4630万円ネコババで加熱するネット探偵団

  3. 3
    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

  4. 4
    プーチン大統領は余命数カ月?「血液のがん」説浮上とロシア側「憶測無視せよ」通達の深刻度

    プーチン大統領は余命数カ月?「血液のがん」説浮上とロシア側「憶測無視せよ」通達の深刻度

  5. 5
    渡辺裕之さんが語り尽くした酒人生と妻・原日出子さん「憧れの人と結婚できるなんて」

    渡辺裕之さんが語り尽くした酒人生と妻・原日出子さん「憧れの人と結婚できるなんて」

もっと見る

  1. 6
    伝説AV女優の瞳リョウが告白 12年の充電期間と復活のワケ

    伝説AV女優の瞳リョウが告白 12年の充電期間と復活のワケ

  2. 7
    巨人・中田翔は満身創痍…2戦連発→3タコでやはり遠のく「真の復活」

    巨人・中田翔は満身創痍…2戦連発→3タコでやはり遠のく「真の復活」

  3. 8
    学園祭の女王SHIHOさん 坊主ヌードのきっかけは妹の白血病

    学園祭の女王SHIHOさん 坊主ヌードのきっかけは妹の白血病

  4. 9
    プーチン大統領も大ショック? 31歳年下の“愛人”カバエワさんに「妊娠報道」の仰天

    プーチン大統領も大ショック? 31歳年下の“愛人”カバエワさんに「妊娠報道」の仰天

  5. 10
    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界

    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界