「斬られの仙太」分断が進む現代社会 虚無と祈りの群像劇

公開日: 更新日:

 初演は1934年。日本演劇界の巨人・三好十郎の最初期の作品で、中・長編小説といってもいいセリフ量の戯曲で、そのまま上演すれば7時間にも及ぶが、今回、演出の上村聡史は3幕4時間20分に凝縮した。80余の登場人物を早変わりで演じるのはフルオーディションで選ばれた16人の俳優。

 主人公は常陸国の水のみ百姓・仙太(伊達暁)。兄が凶作のために年貢の減免をお上に訴えたが、百叩きの上、村を追われたのを見て仙太も出奔する。

 一時はやくざに身を落とすが、帰村の途中で出会った郷士・甚伍左(青山勝)と水戸藩士・加多源次郎(小泉将臣)の思想に共鳴する。彼らは幕府転覆を謀る水戸天狗党の一味だ。甚伍左は洋学を学び、四民平等、議会主義の西欧事情に通じ、娘のお妙(浅野令子)は戦で親を失った孤児たちの世話をしている。

 百姓のための世直しを信じた仙太は、腕がたつため重用され、百姓の募兵に尽力する。

 しかし幕府軍に追い詰められた天狗党は敗走し、山岳を転々とする。

 やがて天狗党の幹部たちは、百姓出身の仲間を容赦なく切り捨てる。侍の身分ではない者との「共闘」は投降の妨げになるからだ。それを見た仙太は天狗党の理念に疑問を抱き……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由