小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

公開日: 更新日:

 4月8日に公表した28ページにわたる強気の文書で、母・佳代さんと元婚約者の間の金銭トラブル自体を否定していた小室圭さん。だが、文書発表から4日後の12日に突如、前言を撤回。元婚約者に解決金を支払う方針に転換した。

 解決金の支払いは借金だったことを認めることになると語っていた小室さんに、どんな心境の変化があったのか。

「論文のような文書に対して、多くは否定的な反応を示したと思います。こうした反響は、小室さんにとっては想定外だったのでしょう。急な方針転換に小室さんの焦りを感じます。以前からいわれていたように、お二人が30歳を迎える10月までに結婚をしたいという思いが強いのでしょう」(皇室ジャーナリスト)

 小室さんの代理人によると、先日の文書で話し合いによる解決を目指すという方針が示せたため、今後は解決金の支払いで金銭トラブルに決着をつけるというのが、今回の解決金支払いの理由とのことだが。

逆効果だった28ページの“小室文書”

<理解してくださる方が1人でもいらっしゃいましたら幸いです>と、多くの人からの理解を諦めたようなコメントをしていた小室さん。この発言は、<多くの人が納得し喜んでもらえる状況>と示された天皇陛下や秋篠宮さまの意向を汲んだものではなかった。

「“小室文書”は、国民はおろか、天皇陛下や秋篠宮さまの意向に反しているという印象を与えてしまいました。自らの正しさは主張できたものの、理解や共感は全く得られなかったといえます。そもそも、28ページにわたる文書で録音での記録を持ち出してことごとく否定された元婚約者が、解決金を支払われただけで納得するのかは甚だ疑問です。今回の方針転換は、あとの祭りという印象を拭えません」(前出・皇室ジャーナリスト)

「10月婚」への本気度は伝わってくるが、今回の小室さんの方針転換は、多くの人の納得や祝福を得られるのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

  3. 3
    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

  4. 4
    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

  5. 5
    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

  1. 6
    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

  2. 7
    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

  3. 8
    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

  4. 9
    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

  5. 10
    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき

    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき