「報ステ」「WBS」が共存共栄…日テレとTBSが抱える危機感

公開日: 更新日:

 この4月からテレビ界の耳目を集めているのが2つの人気報道番組を巡る視聴率バトル。放送時間を1時間早め「報道ステーション」(テレビ朝日系)に堂々と戦いを挑んだのがテレビ東京系の「ワールドビジネスサテライト(WBS)」。当然、視聴率で圧倒的に勝るテレ朝サイドは余裕綽々かと思いきや、意外にも蜂の巣をつついたような騒ぎに陥ったという。

「テレ朝上層部は苦虫を噛み潰したような顔をして『割の悪いバトルだ。テレ東はこの際、どちらに転んでも損がないから。すでにメディアにバトルを取り上げられたこの段階でテレ東には大きなメリットがある』と語り、報道部の幹部を参集し檄を飛ばしたそうです」(キー局関係者)

 テレ朝は局内から有望な若手を番組スタッフに編入し、取材チームを新たに創設したという。30年以上も続いた老舗看板番組をあえて未知の枠に編成したテレ東が気味悪く映ったようだ。

 すでにバトル開始から1週間余りが経過したが、番組視聴率を比較してみると意外な結果が読み取れる。

「先週の月曜(3月29日)が報ステ12.2%、WBSが4.2%。火曜(3月30日)13.3%対4.4%。水曜(3月31日)12.5%対4.5%。木曜(4月1日)が13.3%対5%。金曜は11.6%対4%(金曜のみ23時スタート)。これを見てわかるのは、両番組とも視聴率減はない。ともに0・1~0・3ポイント増加しているんです。むしろ、2つの報道番組が22時台に編成されたことで“セットインユース(視聴者層)”が増えたんです」(制作会社関係者=数字はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

  2. 2
    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

  5. 5
    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

  1. 6
    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

  2. 7
    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

  3. 8
    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

  4. 9
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  5. 10
    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害

    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害