「報ステ」「WBS」が共存共栄…日テレとTBSが抱える危機感

公開日: 更新日:

 この4月からテレビ界の耳目を集めているのが2つの人気報道番組を巡る視聴率バトル。放送時間を1時間早め「報道ステーション」(テレビ朝日系)に堂々と戦いを挑んだのがテレビ東京系の「ワールドビジネスサテライト(WBS)」。当然、視聴率で圧倒的に勝るテレ朝サイドは余裕綽々かと思いきや、意外にも蜂の巣をつついたような騒ぎに陥ったという。

「テレ朝上層部は苦虫を噛み潰したような顔をして『割の悪いバトルだ。テレ東はこの際、どちらに転んでも損がないから。すでにメディアにバトルを取り上げられたこの段階でテレ東には大きなメリットがある』と語り、報道部の幹部を参集し檄を飛ばしたそうです」(キー局関係者)

 テレ朝は局内から有望な若手を番組スタッフに編入し、取材チームを新たに創設したという。30年以上も続いた老舗看板番組をあえて未知の枠に編成したテレ東が気味悪く映ったようだ。

 すでにバトル開始から1週間余りが経過したが、番組視聴率を比較してみると意外な結果が読み取れる。

「先週の月曜(3月29日)が報ステ12.2%、WBSが4.2%。火曜(3月30日)13.3%対4.4%。水曜(3月31日)12.5%対4.5%。木曜(4月1日)が13.3%対5%。金曜は11.6%対4%(金曜のみ23時スタート)。これを見てわかるのは、両番組とも視聴率減はない。ともに0・1~0・3ポイント増加しているんです。むしろ、2つの報道番組が22時台に編成されたことで“セットインユース(視聴者層)”が増えたんです」(制作会社関係者=数字はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」