桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

この春テレビ番組から消えた人の「イタチの最後っ屁」

公開日: 更新日:

 春は別れの季節。だけど、慣れ親しんだ番組の終了や卒業という名の降板にはやはり一抹の寂しさを感じる。先週末から今週にかけてはまさに連日お別れラッシュ。世間は早くも新番組をああだこうだと喧しいが、こちらはジックリ番組から消える人の「イタチの最後っ屁」のような別れの言葉に注目したい。

■志らくは最初から言いたい放題なら…

 26日金曜。朝のワイドショーはTBS系「グッとラック!」とフジテレビ系「とくダネ!」。鳴り物入りでスタートしたものの、わずか1年半の短命に終わった「グッと」の立川志らく。皮肉にも終了が決まってからの志らくは吹っ切れたのか自虐も含めて言いたい放題。なぜ最初からそうしなかったか。最終回は敬愛する山田洋次監督と対談、エンディングの「志らく一段落」では「今となっては正常時にやりたかったなっていうのはありますね。1年半のうち1年がコロナで。来週から『ラヴィット!』が始まりますからみなさん見てください。私は見ませんけど」と捨てゼリフ。そういうコメントを聞きたかったといっても後の祭り。

■小倉智昭はアマタツに嫌み

 22年間「とくダネ!」のMCだった小倉智昭。スポーツ好きをアピールしてきたのに、東京五輪目前の降板はさぞや無念だろう。番組名物の小倉の「アマタツ!」コールで登場した気象予報士の天達武史に対し、「4月以降も使ってもらえるみたいでよかったね。ギャラの一部を持ってきてよ」と軽~くらしい嫌み。後番組「めざまし8」に「期待してください」とエールを送っていた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走