「ラヴィット!」と「めざまし8」は“羽鳥”の牙城を崩せるか

公開日: 更新日:

 平日朝8時台の新番組「ラヴィット!」(TBS系)、「めざまし8」(フジテレビ系)が今週からスタートし、朝のワイドショー戦線“春の陣”の火蓋が切られた。

「ラヴィット!」は麒麟の川島明(42)と田村真子アナ(25)、一方「めざまし8」は俳優の谷原章介(48)と永島優美アナ(29)がメインMCを務める。

 初回視聴率(3月29日放送)は「ラヴィット!」が前番組「グッとラック!」の前4週平均(3.5%)から0.8ポイントダウンの2.7%、「めざまし8」は同じく「とくダネ!」の5.9%から0.3ポイントアップの6.2%だった(関東地区・世帯/ビデオリサーチ調べ)。

 ちなみに同日の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)は10.6%、「スッキリ」(日本テレビ系)は8.8%だった。

 キー局編成関係者はこう話す。

■「モーニングショー」はコロナで安泰

「帯番組の初回視聴率については、視聴習慣がまだついていない段階なので、今後はまだ分からないと思います。同時間帯の視聴率の順位は、『羽鳥』→『スッキリ』→『とくダネ!』→『グッとラック!』という状態が続いてきましたが、特に、世帯視聴率が5年連続民放トップの『羽鳥――』がダントツです。この牙城はコロナが続く限りは安泰だと思います」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差