吉沢亮が孤軍奮闘 元イケメンばかり「青天を衝け」の限界

公開日: 更新日:

 幕末物のNHK大河ドラマの数字がふるわないのはもはや定説だが、「青天を衝け」は初回視聴率が20%を超え、6回目を終えて15%台をキープしている。視聴者をひきつけてやまないのが、主演・吉沢亮(27)の孤軍奮闘とも言える熱演だ。

「吉沢の凄さは圧倒的な演技力です。生き生きとした笑顔や怒りの表情に知的好奇心が旺盛な子どものような表情、農民らしくしっかり狡猾な表情も見せてくれます。演技全体に躍動感があり、動きもダイナミック。見ているこちらがワクワクします。渋沢栄一のストーリーに興味がなくても吉沢の演技だけでも見る価値はあります」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 ただ吉沢だけの力で数字を大きく伸ばすのは難しいのだろう。第5話では、栄一の姉のなかがキツネに祟られたのではないかというストーリーを中心に展開した。物語そのものは史実に照らし合わせており、なか役の村川絵梨(33)の演技も素晴らしかったが、残念ながら、なかも村川も知名度がない。

「やはり近年の大河は朝ドラ同様、主人公の知名度プラス脇を固める“旬のイケメン”の存在が大きい。『青天』にも多くのイケメンが出ていますが、“旬”じゃない。結果、番宣用ポスターを汗が滴る目力の強い吉沢のどアップにしたり、吉沢のイケメンっぷりを推しまくるしかないのでしょう」(テレビドラマ制作関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」