著者のコラム一覧
船山基紀編曲家

1951年、東京都生まれ。編曲家。デビュー作は中島みゆき「アザミ嬢のララバイ」。昨年死去した作曲家・筒美京平と組んだ作品が一番多く、沢田研二、渡辺真知子、田原俊彦ら数々のヒットを飛ばした。昨年12月に編曲を手がけた作品を収録した「船山基紀 サウンド・ストーリー」(ソニー・ミュージックダイレクト、CD4枚組72曲)をリリース。

田原俊彦<下>「船山先生がドーン!と真ん中にいます」と

公開日: 更新日:

 田原俊彦さんは94年にそれまで所属していた事務所から独立しました。独立後の最初のアルバムは彼自身がプロデュースしました。タイトルは「My Favorite Songs」。

 河口湖のスタジオで合宿レコーディングしたのですが、トシちゃんは、アメリカ人のエンジニアを起用して、ミュージシャンも超一流ばかりを揃えました。とにかくレコーディングは熱が入っていました。心機一転して音楽を積極的にやりたいという気概のようなものを彼から感じましたね。

 合宿では、トシちゃんといろんな話をしましたよ。レコーディング以外のいろいろなことも。なにしろ朝から晩まで一緒ですからね。もちろん食事も同じテーブルを囲んで同じものを食べる。ただ合宿ですから、食事はイマイチなんですよ。アメリカ人のエンジニアは「朝からご飯と味噌汁だ」って文句ばかり言っていた(笑い)。自分でパンを買いに行っちゃったりしてね。今となっては懐かしい思い出ですね。

 田原俊彦はスターですよ。彼がいると周囲がパッと明るくなるんですよね。そんな空気の中で僕のサウンドが乗ると楽しいんですよ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変