インタビューマン山下
著者のコラム一覧
インタビューマン山下ライター

1968年、香川県生まれ。92年、世界のナベアツ(現・桂三度)とジャリズム結成、2011年に解散。同年、オモロー山下に改名し、ピン活動するも17年に芸人を引退。現在はインタビュアー・ライター。

志村けんさんとダチョウ倶楽部のキューピッドになった人は?

公開日: 更新日:

 プロレスラーの川田利明さんです。上島竜兵さんにお話を聞くとプロレスラーの川田さんとはもともと友達で、よく飲んでいたと言います。

「20年ほど前のある日、川田から『志村さんと飲んでるから合流しないか』って電話があって。『いやいや、俺、志村さんは挨拶ぐらいしかしたことないから』って断ったの。それでも川田がしつこく電話してきたから3回目か4回目の電話で『明日、早いからダメだって言ってんだろ!』って怒ったのよ。そしたらその電話口が志村さんで『俺も早いんだよ』って言われたから『すぐ行きます!』って(笑い)」

 それがきっかけで上島さんと志村さんは公私にわたり20年以上の付き合いが始まったのです。上島さんは初めて志村さんと一緒に飲む席で思わぬことを言われたそうです。

「『おまえら最近ネタをやってないだろ? バカ殿(志村けんのバカ殿様)で3分ぐらいのネタをやってくんない?』って言われて。だけど、ちゃんと話したのもその時が初めてだし俺は冗談だと思って適当に『はい。いいですよ』って。そしたら2日後にマネジャーが『バカ殿入りました』って。バカ殿って凄い高視聴率番組だから、本当に入ってたからびっくりして」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”