こまつ座「日本人のへそ」“日本の中心”の虚妄を痛烈に風刺

公開日: 更新日:

 1969年に劇団テアトル・エコーが初演した井上ひさしの実質的デビュー作にして最高傑作の呼び声の高い作品。喜劇、音楽劇、日本語へのこだわり、推理劇、どんでん返しの連続……と、その後の井上戯曲のエッセンスがすべて詰め込まれている。

 舞台は東京。アメリカ帰りの言語学教授(山西惇)が吃音(きつおん)治療のために集団音楽劇療法を編み出し、患者全員で芝居をすることになる。顔ぶれは会社員(井上芳雄)、アナウンサー(朝海ひかる)、野球の審判員(久保酎吉)、右翼(土屋佑壱)、鉄道員(前田一世)ほか。

 主役は浅草で一世を風靡(ふうび)した人気ストリッパーのヘレン天津(小池栄子)。彼女は岩手の寒村から集団就職で上京する前夜、父親に犯され、ショックで吃音に。上京後はクリーニング屋の店員、トルコ嬢、ストリッパーと職を転々とし、チンピラの恋人からヤクザの大親分の情婦、右翼の大物の愛人、そして、保守党代議士の東京妻へと上り詰めていく。しかし、代議士が何者かによって刺殺され……。

 二転三転する物語展開と強烈なブラックユーモア。劇中劇の中にさらにフィクションを取り込み、虚実が入り乱れ、二重三重の入れ子構造で、ドンデン返しの連続が実にスリリング。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  2. 2
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  3. 3
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  4. 4
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    今オフも早期引退に追い込まれるプロ野球選手続出で…選手会の言い分は?

    今オフも早期引退に追い込まれるプロ野球選手続出で…選手会の言い分は?

  2. 7
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  3. 8
    デビュー30周年の瀬戸朝香に「工藤静香化」の懸念 出過ぎるジャニーズ妻は嫌われる?

    デビュー30周年の瀬戸朝香に「工藤静香化」の懸念 出過ぎるジャニーズ妻は嫌われる?

  4. 9
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  5. 10
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂