吉本の“粛清”に怯える エージェント契約組にさらなる問題

公開日: 更新日:

 加藤浩次吉本興業の「専属エージェント契約」が終了したことは業界に波紋を広げている。枕を高くして寝ていられないのは、吉本とエージェント契約している他の芸人たちだ。

 筆頭は、ハリセンボンの近藤春菜(38)。春菜は「スッキリ」(日テレ系)で闇営業問題で加藤と歩調を合わせ、吉本批判を展開していた「加藤の乱」の“同調者”のひとり。

 3月いっぱいで「スッキリ」を降板となる春菜だが、降板が明らかとなった今年1月にフライデーが本人を直撃している。

「経営陣批判をしたから吉本に干された」という噂を本人は完全否定したが、春菜もすでに吉本とはエージェント契約となっていることを認めた。降板は自身が日テレサイドと相談して決めたという。同誌では、春菜について、中堅芸人の以下のコメントを掲載している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  2. 2

    さざ波以上に「笑笑」が問題 高橋洋一氏は人としてダメだ

  3. 3

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  4. 4

    蜜月関係から一転…西尾市長「スギ薬局」猛批判の裏事情

  5. 5

    前統幕長“ワクチン独断専行”に激怒!ポンコツ首相は猛省を

  6. 6

    阪神エース西は体たらくいつまで?先発陣ボロボロ投壊寸前

  7. 7

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  8. 8

    ぼったくり男爵が来日固執 小池女帝の五輪返上阻止を画策

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    小池都知事が側近と“密議”「東京五輪返上」で頭がいっぱい

もっと見る